既設カウンターにリアテックと呼ばれる商品をラッピングしました
天壁床との調和を考えて施工しています
201030 リアテック.jpg
カウンター工事の始まりです
解体して新規に作成予定でしたが、下地の傷み等は無いのでこれを利用して上にシートを張ります
リアテックと呼ばれる材料を使って施工していきます
201029 カウンター造作.jpg
腐食部分を撤去してモルタル補修
乾燥してから長尺シートを施工しました。
暗くなりすぎない木目調の床材。
窓枠もそれに合わせた色で施工。
201028床.jpg
バランスの良い感じで仕上がっていきます。
窓枠材は新品に取り換えました。
ケーシング使用でしたので段差もあって痛みも大きかったので思い切って取り換えに。
無垢の木枠材に塗装をして全体のバランスにあうようにしました。
201027窓枠.jpg
石膏ボードを施工して壁紙を貼りました。
全体のバランスを見て配色をコーディネーターの先生に選んでいただきました。
201026壁紙.jpg
これからどうなっていくのか楽しみです。

内装工事の本格的スタートです

最初に店舗の中に入ったときから床に違和感を感じていたのですが
その原因がわかりました。
下地が土間とフローリングが併用してあり、その上にクッションフロアが施工してありました。
ですのでフローリング部分が不足してしまっていて、上に乗ると違和感があったのです

201025 床剝離.jpg

                  腐食部分を撤去してモルタル補修しました。
外構工事と並行して内装工事も進めていきます

厨房内部も変色してしまった天井や劣化した照明器具も交換予定
201024 厨房.jpg
ホール部分も照明器具、壁紙、床も一新していきます
201024.jpg

 玄関から駐車場までのアプローチです。
誰にでも優しいように勾配を緩く設定しています
201023.jpg
タイルなどの仕上げも考えましたが予算的の問題もクリアするために
滑りにくいモルタル刷毛仕上げにしました
植栽スペースを撤去してアプローチ部分に砕石を敷き込みました。
建物も道路からはっきりと見えるようになってスッキリした感じです。
201022.jpg雨の日でも濡れなくて済むように庇も施工予定です
今までは駐車場から玄関へのアプローチは道路に出てからいく事になっていました。
ですので駐車場から入れるように植栽スペースを撤去してアプローチを造ります
201021.jpg重機,機械を駆使して作業を進めます
201022.jpg
 改装工事が始まる前の店舗外観
木が大きくなってしまい玄関を塞いでしまっているのを撤去してアプローチを造ります。
201020.jpg
そうする事で画像手前の駐車場からの動線が出来て入りやすくなります

10月9日 中津川市茄子川に移転オープンした
こうじキッチン こぎちゃん 
その店舗改装工事を施工させて頂きました。
201019.jpg明日から店舗改装工事の様子をブログに書いていきたいと思います。
以前の広さよりも倍の面積になりました
デッキ部分は30㎜の無垢板
柱、桁も無垢材で仕上げました。
201018 デッキ.jpg
屋根は波板ポリカ。耐久性のある素材です
光を遮ることが無いので採光も十分に確保出来ています
201018.jpg

屋根を延長させています
同じ勾配であわせていくので現場合わせで施工しています
201017.jpg
床下地を組んでいます
塗装工事は事前に済ませて30㎜の厚みのあるヒノキの床材を施工しています
201016.jpg
奥に見えているテラスは少し狭いので
それよりも40センチ前に出して広くします
201015.jpg
下に柱を建てられる場所が無いので鉄骨を持ち出して下地にしました
付知町丸山地区内にある別荘地。
この場所でBBQを出来るように屋根付きでウッドデッキを造ります
201014.jpg鉄骨構造を利用してどうやって作るかを考えます
捨て貼り合板を施工してから床張りをしています
201012.jpg

約一日で施工が完了できました
201012フロア.jpg
施主さんが畳だった床を撤去してくれたので
下地作業からの開始になります

先ずは大引、掛けを施工して鋼製束で高さを調整します
水平に出来ると良いのですが既設の敷居の高さに合わせることも大事なので
歩み寄りで高さ調整です
201011.jpg45角のネタ施工です。
ネタ間に断熱材を入れています
201011断熱材.jpg次の回に仕上げまでの様子を書きます
壁と同じ材料のヒノキを使って観音開きの建具を造ってもらいました
201010.jpg無垢材の暖かさが感じられて落ち着く空間が出来ています
冷蔵庫横に引き出し収納を造りました
前板は壁との違和感が無いようにヒノキの板を使用しました。
201009収納スペース.jpgスライドレールを利用して真っ直ぐに引き出せるようにしています
201009収納.jpg
モルタル吹付仕上げからガルバリウム鋼板3山角波に変更しました。
塗装工事か迷いましたが雰囲気を一新したいのと
今後の耐久性を考えて思い切って仕上げを変更しています」
201008外壁.jpg
天井 クロス網代模様
壁 桧節板
床 リクシルラシッサDフローリング  
201007.jpgキッチンを奥に入れて裏口と繋ぐようにしています。
収納スペースも造りました。
キッチンスペースです。
間取りの関係と使い勝手の良さでI型壁付けのキッチンにしました。
キッチン周りはパネル施工で汚れ防止をしていますが
無垢板も使って廻りとは違和感のない仕上げにしています。
201008.jpg

床養生を撤去しました
この時には床に傷や汚れが無いかないか確認しながらの作業になります。
201004.jpg養生が無くなり全体の雰囲気が見えてきました。
土間の物置を造りました。
その中に施主さんの要望で給湯器を設置しました
この場所には他にも冷蔵庫、冷凍庫を設置して便利な場所にします
201003.jpg
全ての部屋を桧の節板で施工しました
天井は網代柄のクロスです
201002.jpg
各部屋とも同じですが広さによって雰囲気が変わって感じます。
電気のフィルム式床暖房を設置しました。
床下で配線するタイプですので施工はしやすくメンテナンスもしやすいです。
201001.jpg床の断熱材もしっかり入れて施工しています
ポリカ波板を屋根に施工しました。
出の長さは7尺を使用しています。
200930.jpg
ブロンズ色を使っていますが暗くなることは無く出来度に陽も遮れて使い勝手の良い場所になりました。
Lの字に庇が廻りますので隅木を入れて対応します
これは1級技能士試験の課題にもなっている加工です
残念ながら自分は1級技能士を取得する機会を逃してしまっているのですが
遣り方は勉強して身に付けていました。
200929.jpg今回は久しぶりでしたので忘れてしまっていましたが
ネットで調べて思い出して加工しました。
先行塗装して庇を施工中です
L字型で総延長14mと長い庇です
200928.jpg
使い勝手の良くなるように施工中です 
全ての庇を新しくするために古くなった庇を撤去しています
塩ビ波板を使用しているので劣化が激しく乗ることもままならない感じです。
200926解体.jpg
足元に注意しながら作業を進めています
このアルミの庇も撤去して木の庇に切り替えをします
大きさもこのままでは窮屈感があるために大きくし隅木を入れて廻していきます
200926.jpg
長い庇を造りました
幅は10m有ります
出も2m
200925.jpg待ちに待ってもらっていた庇が少しずつ出来上がっていきます
掃き出しの窓をシャッター付きの窓に変えました。
このシャッターはルーバータイプの電動シャッターになります。
200924庇.jpg初めて採用した物ですので完成が楽しみです
土壁を落としタイル、コンクリートを撤去して進めていきます。
手作業なので重労働ですが
職人さん達が頑張って進めてくれています
200924解体.jpg
別の場所に浴室、トイレを造ったので今度はこの場所にキッチンを造ります
タイル式の浴室の解体です
とにかく壊すには手作業で根気が必要です
200922huro.jpg
外部部分の庇を撤去して新しくします。 
200922.jpg

洋風便器を設置しました
今回は初めて採用のリクシル社のプレアスを使いました。
200921.jpg
中堅商品ですが見た目もスッキリした良い商品だと感じます
小さな手洗い器を取り付けました。
下部分は収納になっていますが半分は配管スペースになっていますので収納は出来ないです。
200920.jpgコンパクトですが見た目も収納の有る便利な製品です
脱衣室も無垢板
ヒノキの節板を施工しました。
200919.jpg洗濯機の水栓は井戸水も引いています
洗面化粧台の設置場所も施主さんの希望でヒノキの板張り仕上げにしています。
洗面化粧台も3面鏡の裏は開きの収納スペースになっています。
200918.jpgシャワーヘッド水栓、引き出し収納など使い勝手の良い洗面化粧台です
ユニットバスを設置しました。
見た目はシンプルな作りですが断熱浴槽、24時間換気、乾燥機など機能は充実しています。
200916.jpg
早く使いたいと施主さんの声が聞こえてきそうです
壁は無垢板、ヒノキの節板で施工です。
久しぶりに無垢板を施工しています。
200917.jpg木の温もりがあって調湿性も高いので湿気にも強いです。
天井、床施工して壁を施工していきます
断熱材も高性能断熱材アクリアを使用
隙間なく入れていきます
200915.jpg
床の捨て張施工を完了です
この場所はトイレ、脱衣室、洗面室、浴室と間仕切り壁を建てて仕切ります。
200914.jpg
次の工事はユニットバスの設置と順調に進んで行きます
床の断熱材はアクリアの床マット
この断熱材は昔の断熱材のように痒みが無く快適に作業できます
200913.jpg断熱性能も高くお勧めの商品です
床撤去が済み床下地を施工しています。
大引ネタ施工が適していますので、その工法を採用です
200912.jpg
ネタ間には断熱材を施工します
先ずはキッチンを撤去します
この場所には浴室と洗面脱衣室が新たに造られます
200911.jpg天壁床も撤去して進めていきます
今年の春に予定していた工事ですが
水廻りの商品がコロナウイルスの影響で納期の目途がたたなくて延期していましたが
納期の目途も経ち職人さんの段取りも出来たので取り掛かることが出来ました
200910.jpg浴室、洗面脱衣室、キッチン、トイレと水廻りを改修工事を進めていきます
200910外部.jpg

敷地に合わせて斜めの庇を造りました
寸法で現場合わせて加工しました。
2000909.jpg幅6m、出は長い所で3m短い所で1m50になっています
桁は通し柱として使う予定だったものを使って1本物で継ぎを無しにしてます
これで工事は無事に完了。
長い間お世話になりありがとうございました。
明日からはまた違う現場の紹介をさせていただきます
200909.jpg
庇を完全に撤去しました
新しく作る庇は境界線まで出して広く使えるように計画しています
200908.jpg
ただ境界と建物が斜めになっているので現場合わせで加工して進めていきます
内装工事も終盤に差し掛かってきたので外部の庇工事に移りました。
これまでも有ったのですが狭く感じていたので
思い切って敷地いっぱいまで屋根を伸ばします。
200907.jpg
I型キッチンの造作壁を造ってキッチンカウンター式にしました。
壁には机の高さに合わせてニッチを造っています
。調理器具の裏にもニッチを造っていますキッチンカウンター200904キッチン.jpgコンセントも机の高さに合わせて配置しています
キッチンのバック収納です
奥の物は規制品です。
それに合わせて足りない部分をメルクシパインの集成材で造りました。
200903.jpg
天板を伸ばして下にはゴミ箱を入れるようにしてあります
キッチンを取付しました
今回は施主さん支給でTOTOの製品を採用しています。
200903キッチン.jpgシンプルなスタイルですが引き出しもフロアコンテナで収納力もあって使いやすいタイプです
アンティーク調の照明器具を選択していただきました
扉の色も落ち着いていて安心感のある空間が出来ています
200902.jpg
洗面脱衣室が仕上がりました。
壁は縦ストライプ、床はマス目の柄になります
200901.jpg
浴室の入り口は段差を無くしてバリアフリー仕様になっています
200901脱衣室.jpg
ニッチとは、住宅の壁面にくぼみを作り、スペースを設けることをいいます。
家具などで棚を作るのに比べて、見た目がすっきりとしていることが特徴です。
 玄関ホールやキッチン・トイレなど飾り棚を奥には狭いという場合でも
ニッチなら場所を取らずにインテリアが楽しめます
200831ニッチ.jpg
玄関タイルを施工しました。
初めて採用する商品でしたので心配がありましたが
色合いもバランスも良くて上手く収まりました。
200831.jpg
完成まであと少しにになりました。
見本帳を参考に玄関タイルを選定して貰いました。
洋風の小さめのタイルを採用で決定です
200830.jpg
本当にこれでよいのかと迷いもありますが
これは良いと思える自信の方が大きいのでお勧めさせていただきました

キッチンカウンター下地を造っています
限られたスペースを確保して少しでも広くとるために
45角の材料を使用しています
200829.jpg換気扇下地などもしっかりと入れておきます
窓上に霧除け庇を付けて外壁を施工しました
外壁もシンプルなガルバリウム鋼板の3山加工です
200827.jpg外壁が出来てくると完成勝ち数いてくる感じがします
外壁の下地材を施工しています
外壁の仕上げ材はガルバリウム鋼板。
縦貼り仕上げなので横胴縁での施工となります
200826.jpg
ヒノキ材の選別をしています
目の粗さは否めないですが無地材を出しています
中には化粧材で使えそうな物も有りますので梱包を外して
1本1本依り出しています
200825.jpg
床張りを施工中です
床材は前回工事させて頂いた中津川市川上地区リフォーム工事現場を見学された際に同じものを選んでいただきました。
200824.jpg
真ん中に目地が無いので埃も溜まりにくく掃除がしやすいフローリングです
電気配線工事も終わって天井施工が進んでいます
配線が垂れ下がっているのは天井先行で間仕切り壁を後から施工するので
このような形をとりました。
200824 電気H.jpg断熱材も入り次は床施工になります
ネタ施工、断熱材を入れて12mmの針葉樹合板を施工しました
この工程が終わると電気配線工事を行い天井作業に移っていきます。
200823.jpg
既設の鉄骨下地を利用しながら新しい木下地を設置しました。
高さも調整しながらうまく融合させて組むことが出来ました。
200822.jpg
床を撤去して下地が見えるようになりました。
鉄骨下地を利用して床下地を施工します
200821.jpg
段差の大きかった土間の隣にあった和室の畳を少しでも床を低くするために
畳を撤去してフローリングに張り替えします
200820.jpg
先ずは畳から下地まで撤去していきます
コンクリート打設の部分に土台を敷いて柱を建てました
200819.jpg
柱、土台、間柱、窓台などの材料は全てヒノキで施工しました。
基礎と土間を兼用で施工しました。
浴室はユニットバスになるのでコンクリートに。
勝手口になる部分も一緒に施工しました。
200818.jpg
浴室を壊した後に水道配管を行いコンクリート打設準備が整いました
200817.jpg
土間コンクリートと基礎を一体で施工です
屋根のケラバ部分まで増築を行います
解体工事が完了しました。
早速水道屋さんが来て配管作業を進めてくれています。
200816.jpg
次への工程がスムーズに行って順調に進んでます
固い固いコンクリートをハンマードリルで壊していきます
鉄筋が入っていることによって強度が増しているので壊していくのも一苦労です。
200815.jpg
壊して片付けてまた壊してを繰り返して仕事は進んでいます
面積は0.6坪と少し手狭な感じのお風呂でしたので
ゆったり入れるように1坪タイプに変更です
200814風呂.jpg浴室はモルタルタイル仕上げの高基礎が多いので解体はかなりの重労働になりますが
筋トレになるとポジティブ思考で頑張っています
床の間と飾り棚を収納スペースにしました。
折戸にして開口スペースを十分に確保しました
200811.jpg
開いた画像は無いのですが天袋の棚とハンガーパイプを2本取り付けています
畳からフローリングに変更しました。
使ったフローリングはリクシル社のラシッサD。
グレードの高い物を選んでいますので仕上がりにも高級感があります。
200810フロア.jpg表面の塗装も強いので長持ちもします
根太組をして断熱材を施工。
12mm構造用合板をネタに打っています
これが捨て貼り工法と呼ばれるやり方です
200810捨て張.jpg
現在は殆どが捨て貼り工法で床を施工します
畳、奥の床の間、収納を撤去しました
200809.jpg
これから床張、収納を造って行きます
鉄骨構造の2階建ての建物を水廻りを中心としたリフォームをします
施主さんは幼馴染みの同級生。
施工させてもらえる気持ちの感謝を強く思います。 
200808.jpg早速解体工事からスタートです。
長女のテスト問題を見せてもらったんですが何だか全然分からない
答えどうこうとかの問題ではなく何を聞かれているのかは全く解りません。
200807.jpg
現役高校生の凄さを実感です
この場所もコンクリート打設します
給排水などの設備も準備しておきます
200806sotodoma.jpg

コンクリート打設をします
土が流れてしまったり、足について玄関に入ったりしてしまうので
コンクリートで対策をします

200806外土間1.jpg200806外土間.jpg

ユニットバスが設置完了して使えるようになりました
もともとユニットバスが設置してあり床下もコンクリート打設してあったのでスムーズに進みました
200804ユニットバス.jpg200804ユニットバス床.jpg
間口が1700の幅のスペースに
幅600の洗面化粧台、幅400の収納棚、幅650の洗濯機と並べました
200803洗面化粧台.jpg1坪のスペースを上手く使えています
洗面脱衣室に内窓設置しました。
この地方では冬の寒さばかりに目が行ってしまいますが
夏の暑さも考えても断熱性能が高い内窓設置が望ましいと思います。
200802インプラス.jpg
この製品も次世代住宅ポイントの対象製品です
コンロを新しくしました
天板などの汚れがあったので年数もかなり経っていたので
安全性も考慮して最新機種にしました
200801.jpg
次世代住宅ポイントの対象商品にもなっている
性能の高い製品です
無事に取り換え完了です
白木のままではバランスが悪かったのでキシラデコールのウォールナットを塗装しました
200731玄関柱交換.jpg また取り換えが必要な時が来た時の為にステンレスのビスを目立たない場所に施工してあります
玄関柱の束に合わせて丸く加工しています
200730玄関柱交換.jpg直径90の円を墨をしてノミと手鋸で丁寧に少しづつ形にして行きました
取付するのが楽しみです
柱を撤去しました
ジャッキアップして桁を持ち上げてホゾを切って外しました。
200729玄関柱.jpg束が丸型になっているので
そのように加工して行きます
 玄関庇の柱が腐食していました。
白アリの被害にあう可能性もあるので柱を交換を選択
200728玄関柱交換.jpg
丸太になっていますが角の柱で対応します
ガス給湯器を設置しました。
省スペースで設置出来て値段もお手ごろ。
最近の物はランニングコストも抑えられてきてメーカーの努力が感じられるようになってきました。
200727ガス給湯器.jpg
エコキュート、灯油ボイラー、ガス給湯器と主に3種類ありますが
設置場所や家族形態などによって最適物を提案できるように勉強しています
浴室の窓は単板ガラスのままでしたので内窓を設置しました。
設置した内窓はリクシル社のインプラスになります
各社から色々な内窓が出ていますがインプラスが施工性断熱性能が優れていると自分は感じるので
採用することが多いです
200726インプラス.jpg次世代住宅ポイントの対象製品にもなっています
ユニットバスの据付が完了です
今のユニットバスは施工性が10年前と思うと格段に上がって
8時から始まると14時くらいには終わるという感じになっています
200725ユニットバス.jpg
次は枠付けなど行います
ユニットバスの先行工事から脱衣室床を施工です
壁は汚れが目立っていたので合板を施工してクロス張りの予定です
200724.jpg
床はクッションフロアを施工します 
浴室を断熱材で囲みました。
土間部分はスタイロ、壁はアクリアネクストで施工しました。
200723.jpg
冬季の寒さが堪える地域ですのでしっかりを隙間なく施工します
コロナウイルスの影響で休暇中の長男が出勤。
電動工具を使って断熱材を切断してもらいました。
200722.jpg
時間はかかりましたが丁寧に切ることが出来ました

ユニットバスを撤去しました。
タイルの浴槽と違って解体撤去作業もしやすいので
早めに済ますことが出来ました。
200721.jpg洗面化粧台も同時に撤去しました200721撤去.jpg
ブログを見て頂いている方から紹介をしていただき工事をさせて頂くことになりました。
口コミで仕事を紹介してもらうからには決して裏切ることの無いように一段と気合を入れて施工させていただきます
場所は付知町の同じ町内会。
中古住宅を購入して県外から引っ越しをされます。
200720.jpg水廻りのリフォーム工事のスタートです
200720洗面化粧台.jpg
ホームページへ

最近のコメント

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • blogimage