2014年4月アーカイブ

WC改修工事の木工事部分を請け負わせて頂きました。
発注元会社は地元の(株)三浦鐵工さん。

男性トイレブースも作りました。
パネルも器具の取り付けの影響で他の部分よりも高くしてカウンター部分も高くしました。
このカウンターも一見は木に見えるんですが水に強い樹脂製の特殊なカウンターを採用しています。
メルコ 小便器.jpg
足元の敷石を敷いて有る所も工夫してあります。
WC改修工事の木工事部分を請け負わせて頂きました。
発注元会社は地元の(株)三浦鐵工さん。

小さなカウンタースペースを作って手洗器を付けました。
手洗器の下地寸法などを図面通りにしっかりと入っていたので取り付けもスムーズに出来たと嬉しい方向を頂きました。
鏡の形も丸みがあって女性WCらしいおしゃれな感じになっています。
メルコ WC 手洗器.jpg
WC改修工事の木工事部分を請け負わせて頂きました。
発注元会社は地元の(株)三浦鐵工さん。

バタバタしていて写真を撮るのを忘れていて完成してからの写真しか撮れませんでした。
最後に行く機会があったときは水道屋さんが器具付けをしている状態の時でした。
WCの大きさも40㎡、約13坪と広いスペースでした。
腰壁にキッチンパネルを施工して掃除がしやすく見た目も綺麗になっています。
床は長尺シートを施工してあります。
メルコ WC パネル.jpg

5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。

玄関を開けて土間では無い工夫を施主さんにして頂きました。
床材を波状に無造作に切って、それに合わせて石をコンクリートで敷いてもらいました。
今井様 玄関入口.jpg

家の中から見るとこんな感じになっています。
今井様 玄関入口 中.jpg
自分では思いも付かないアイディアがいっぱいでこれからの参考になりました。
既製品の高価なタイルよりも自然の石を使った温かみが溢れています。
5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。

玄関建具も再生された物を施主さんが作ってくれました。
観音開きの幅を削って合わせて頂き取手もオリジナルのデザインの物を取り付けてもらいました。
今井様 玄関.jpg
流木をの曲線を上手く利用されて握り具合も絶妙で使い勝手も良いものになっています。
今井様 玄関取っ手.jpg
このようなアイディアを勉強させてもらっています。
5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。

天気がよくて絶好の仕事日和になりコンクリートの打設をしました。
有難い事に、この現場は車が通りぬけできるので生コン車から直接シューターという
半円のポイプ使って流し込むことが出来て効率よく作業できます。
外壁が汚れないように養生もしっかりとしています。
今井様 土間コン打ち.外1jp.jpg
一気に仕上げることは難しいので様子を見ながら何回もコテで抑えてムラが出ないようにします。
乾き具合を見ながらのタイミングなので熟練の職人さんのタイミングで見計らっています。
今井様 土間コン打ち.外2.jpg雨の心配は無かったのですが万が一のことを考えてシートで囲って置きました。
今井様 土間コン 養生.jpg出来上がりまで約3日間の予定ですのでそれまでは跡を付けないように気を付けます。
5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。

先ずは外部にコンクリートを打ち込みます。
建物と地盤の高低差が一番高いところで約45cmあるので型枠を頑丈に組み立てて行きます。
今井様 土間コン打ち.外 型.jpg
角になるところは45度に角度をつけて回るようにしました。
今井様 土間コン打外 型2.jpg
打設面積は約40㎡と一般住宅では大きめです。
型枠の入れ方で仕上げの程度が変わってきますのでしっかり固定していきます。
5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。

出来る限り木製の物を使いたいというこだわりで外部の建具も木製で建具屋さんに作っていただきました。
アルミ製の物であれば外壁を貼る前に入れるのですが木の場合は汚れなどを考慮してギリギリまで施工を待ちます。
今井様 木製外部建具取り付.jpg
完成が近づいてきたので搬入してもらいました。
2重ガラスにしてあるので建具の骨も厚くなり反射率も高くなりました。
今井様 外部木製建具.jpg
雰囲気も出てきて良い感じになっています。
5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。
今井様 外構 始まり前.jpg

鉄骨構造の木工事部分を請け負わせて頂きました。
発注元会社は地元の(株)三浦鐵工さん。

最近は住宅事情の変化から和室を作る機会が少なくなってきていると感じています。
そんな中からでも床の間のある和室を作らさせてもらいました。
画像は左から床の間、仏間、神棚です。
床柱もカリンを使い、落とし掛、黒檀床框、ケヤキ床板を既製品ですが使っています。
水野様 和室床佛神 .jpg
畳の香りがすると完成したんだなと実感します。
鉄骨構造の木工事部分を請け負わせて頂きました。
発注元会社は地元の(株)三浦鐵工さん。

内装工事を進めていくうちに既製品の下駄箱ではあった物が無いので作り付けにという話になりました。
元請さん、施主さんと相談して提案させて頂き出来る限り大きく作らさせてもらいました。
無垢のパイン集成材を天板、扉ともに使いました。
画像左側には柱が出ているので収納部分にして扉をつけても収納力が少なくなってしまいます。
そこをうまく利用して空間にして見える収納、傘掛けスペースにしました。
水野様 下駄箱完成.jpg
既製品とオーダー品、状況によってうまく使い分けていきたいと思っています。
5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。
今井様 土間コン打ち.外 型.jpg
今井様 土間コン打外 型2.jpg
鉄骨構造の木工事部分を請け負わせて頂きました。
発注元会社は地元の(株)三浦鐵工さん。

足場が撤去されてようやく全体が見えてきました。
玄関庇を作る時にこだわったことは薄くすっきりとしたラインを出したいと考えていたのですが
全体で幅3m、出が2mの大きさなのであまり細い材料を使うと強度の欠けるので積雪荷重などを考慮して作りました。
今年の2月の積雪にも耐えることが出来てただ細いだけではなくて強度も出す事ができました。
水野様 玄関庇完成.jpg
ポーチのタイルにも焦点を当てて紹介したいと思います。
鉄骨構造の木工事部分を請け負わせて頂きました。
発注元会社は地元の(株)三浦鐵工さん。

内装工事が終了したので床の養生を撤去しました。
ダンボールの上にベニヤを敷いて傷が付かないように気を使って仕事をしていたんですが
養生を撤去するときは傷が付いていないか確認しながらの作業です。
水野様 LDK清掃前.jpg撤去したダンボールは資源回収にまわします。
養生が無くなると雰囲気も変わってきます。
後はクリーニングを待つばかりです。
鉄骨構造の木工事部分を請け負わせて頂きました。
発注元会社は地元の(株)三浦鐵工さん。

足場が撤去されました。
外壁材が発注をかけてから入荷まで4ヶ月待ちという異常な状態になっていました。
増税による駆け込み需要に追いつけていないというメーカーからの説明でしたが無事に施工されました。
水野様 外観2 裏.jpg
仮設足場が撤去されると少しだけ肩の荷が下りた気がします。
水野様 外観1.jpg

中津川市松田での新築工事が無事に終わり外構工事も引受させていただきました。
駐車スペースのコンクリート打ち、境界のブロック積み、階段、スロープと工事を進めさせてもらいます。
天気が良ければ順調に進んで約2週間。
自分も工事に参加して頑張ってやります。
I様 ブロック工事.jpg
5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。

今までの建物は工程的に一番最初に行う内装工事は床が最初ですが
今回は土間に直接床を貼る直貼り施工なので壁が仕上がってからの施工です。
WCの部分でも紹介させてもらいましたイペ材のフローリングを施工します。
今井様 床貼り前.jpg
21帖のスペースを施工します。
どのように変わるか楽しみです。
5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。

施主さんが施工してくれた扉の紹介です。
WCの入口の扉です。
元は板の部分はガラスで一度ばらして板を加工して取り付けてもらいました。
今井様 WC 扉.jpg
WCの扉に付いている明かり確認のガラス部分ですがビンの底のような形状のガラスです。
木目をあえて横目に使ってある所、緑の色合いが個性的でオシャレ感があると感じました。
今井様 WC入口 明かり窓.jpg
改めて木の良さを見直す機会になりました。
5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。

以前使われていた建具に合わせて鴨居、敷居を作り取り付けました。
施主さんが建具を加工してくれたので自分がそれに合わせて鴨居敷居を入れました。
建付の柱は施主さんが切り出して乾燥した柱を立てました。
いろんな形で協力していただき形になっていくので楽しく仕事をさせてもらっています。
今井様 入口横 建具.jpg

5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。

トイレが最初に完成しました。
天井は杉板 腰壁はヒノキ 壁は珪藻土 床はイペのウレタン塗装仕上
今井様 wc 完成.jpg
ゆったりとした面積で落ち着いた雰囲気の感じに仕上がりました。
5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。

内装工事があと少しになってきたんですが材料の不足という事態になっています。
昨年の11月から発注をかけていますが小出しにしか入ってこない状況です。
火力発電の方に回しているとか、大手の業者が買い占めているとか色んな情報が有りますが
理由はともあれ早く入って進めて行きたいと思っています。
不足分の材料が入れば完成できます。
もう少しの辛抱です。
今井様 青空 庇.jpg

5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。

内部の壁が仕上がりました。
仕上げ方法は石膏ボードの上に珪藻土聚楽を施工してもらいました。
こちらも施主さんが施工して仕上げてもらいました。
高所作業で慣れない作業をして頂いて有り難く思いました。
こちらの仕上がりも良い意味で味があるという感じになっていてプロの仕上げとは一味違った良さを感じました。
今井様 内壁珪藻土.jpg
この建物のコンセプト、施主さんと共に創っていくが形になって来ました。
5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。

先日、電気の引き込み工事が行われ無事に通電しました。
現場を進めていく中でこの時が一番好きな時間です。
各部屋が明かりに照らされて明るくなる。その時にできたんだなぁと感じます。
今井様 外部 照明.jpg中の様子も紹介していきたいと思います。
5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。

施主さんが施工してくれた外壁材の塗りの材、ジョリパッドができました。
三角部分のベージュ色の部分がその箇所になります。
施主さんにどのように施工したらよいか相談された時は自分も経験したことがないことだったので回答ができなく
左官屋さんに教えていただき施工法、必要な道具、材料等を教えてもらいました。
結果、プロ顔負けの仕上がりになりました。
今井様 外壁ジョリパッド完.jpg
5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。

キッチンも将来的なことを考えてシステムキッチンを採用せずにシンクとガス台等を別々で設置します。
そのためにキッチンパネルを床から天井まで全体に貼ります。
先ずは石膏ボードを張って下地作りです。
今井様 キッチン周りパネル.jpg
両面テープと接着材を使って貼っていきます。
施工には一枚貼るのにかなり時間が掛かり一日で全部施工できなくて2日間かかりました。
今井様 キッチンパネル.jpg
キッチンパネルを貼っておけば汚れも付きにくく掃除もしやすい。
コストは掛かりますがメンテナンスでその分は埋めることで出来ると感じています。
窓を取り替えると必然的に中と外の壁の補修工事が必要になって来ます。
取り替える前の様子です。

M様 改修前 外部から.jpg
窓取り付け後の様子です。
配管を床下に移動して出来るだけスッキリとしました。
WCも下水に接続したので臭気筒も撤去。
テラスの下で雨が当たることがないので補修部分は杉板でキシラデコートを塗りました。
中津 水野様改修後外部.jpg
市役所近くで進めていた工事が無事に完成しました。
トイレと脱衣所、浴室と水廻りの工事をやらせていただき浴室はユニットバスに変更。
WCは和式から洋式に変更しました。
間口はどうしても広くすることは出来なかったんですが新しくなり気持ちよくなったと喜んでいただきました。
中津 水野様改修後WC.jpg余談ですが新しいトイレを使い始めるタイミングは中々難しいんですが
こんな事をしてから使い始めると良いと言われていることがあります。
それはトイレの中でお茶を飲んでからとか
うどんを食べてからと聞いたことがありますし実際にやっている話を聞きます。
ホームページへ

最近のコメント

ウェブページ

  • blogimage