2014年10月アーカイブ

愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

建前から約一ヶ月。工程よりも少し遅れてしまいましたが足場が撤去されました。
どの現場でもそうなんですが、この時が仕事をしていて少し安心できる時です。
外観全体が見えるようになり、敷地の感覚も足場がなくなったことで広く使えるようになりました。
四宮様 足場撤去.jpg
これから本格的な外構工事に入っていきます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

外部の最終工事、雨樋工事が終了しました。
屋根が片流れのため排水量も多いので大きめの雨樋を採用してます。
IMG_0811.jpg
ベランダからの排水も縦樋に入れています。
四宮様 縦トイ.jpg
これで足場の必要な工事が全て終了したので足場を撤去できます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

建前工事から約一ヶ月。
天候に左右されながらも何とか外壁工事を終了することが出来ました。
外壁材は2種類に貼り分けています。
四宮様 外壁完成.jpg四宮様 外壁完成1.jpg
塗装工事とはぼ同時に終わり後は雨樋工事が終われば足場の撤去が出来ます。
恵那市武並町の新築工事の様子です。

キッチンカウンターが完成しました。I型キッチンの対面式カウンター。
仮作りの時の様子はこちらのブログから確認できます。
L型のカウンターを作りキッチンを囲う様に作りました。
カウンターは階段材のために購入しておいたヒノキ材を使いました。板幅は240mmあるので置くスペースも十分です。
西尾様 キッチンカウンター2.jpg水に強いウレタン塗装を施工する予定です。
恵那市武並町の新築工事の様子です。

キッチンが搬入されました。
最近はどこのメーカーも在庫を持たない受注生産方式を採用しているので発注から搬入まで約2週間位かかります。
ですので事前にショールーム見学で決定して頂き、早めに発注というやり方をしています
西尾様 キッチン搬入.jpg
梱包部材で18品。細かく分けるとさらに倍くらいの部材です。
取り付けまでもう少し時間がかかるのでしばらくはこの状態で置いておきます。
恵那市武並町の新築工事の様子です。

天気の良い日が続いているので外構工事も順調に進んでいます。

タイトルにある犬走りとは外廻りに施工しているコンクリートのことを言います。
なぜ犬走りというのかは解りませんが、ただ犬が走りやすくなるからかなと勝手に解釈しています。
西尾様 犬走り.jpg
コンクリートを施工することで雨による土の跳ね返りや湿気を防ぐ効果があって見た目もスッキリします。
浴室の窓に目隠しルーバーを取り付けました。

先ずは取り付け前の様子です。
窓自体がラミペンガラスになっているので中は見えない状態です。
本坊さん UB窓.jpg
後付けタイプなので少し出っ張りが多くなるのですが境界線までは距離があるので気にならない状態です。
本坊様 UBルーバー.jpg
昼間など中に光を取り込みたい時はこのように開けることも出来ます。
本坊様 UBルーバー1.jpg
色合いも揃えることが出来たので見た目を損なうこともなく工事が出来ました。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

玄関の土間とホールの床の高さの段差は約360mm。
一般的に住宅で言われてる段差の上降は210mmと言われていて今では低くなってきています。
階段なども210mm以内で抑えるように考えて設計することが多いです。

ですので一段段差をつけて小縁を作成しました。
真ん中の寸法で180mmの高さで作りました。
今回は一枚板を使わずにフローリングで揃えて見ました。
四宮様 小縁.jpg
框でヒノキを使っています。
恵那市武並町の新築工事の様子です。

しばらくの間、紹介が出来なかったのですが犬山市の現場と並行して恵那市の現場も順調に進んでいます。

外構工事が本格的に進んでいます。
大工工事も終わり内装工事も進んでいますが先ずは外構工事を紹介したいと思います。

玄関ポーチから始まりました。
300mm四角のタイルを貼ることに決まったので、半端の出ないように寸法出しをして大きさを決めています。
高さは玄関の中で段差を一段つけてあるのでポーチも一段になります。
西尾様 玄関ポーチ.jpg
寒くなる前に工事を進めて行きたいと考えています。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

床下でのトラブルが多いのは床鳴りがするが一番かなと考えていますが
それ以上に一番困るのは給排水のトラブルです。
そんな万が一のトラブルに備えて床下点検口を水回りの近くの邪魔にならないところに作りました。
四宮様 床下点検口.jpg
普段は使うことがないので一番近くの押入れや納戸などの収納スペースに作るのが理想だと考えています。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

天井作業も一区切りして仕上げ床貼り作業に入りました。
基本は針葉樹合板を貼り仕上げ床は天井を貼ってからします。
天井作業は脚立を何度も移動したり道具などを落としたりして傷をつけてしまう可能性が高いのでそのようにしてます。
四宮様 床貼.jpg床貼り作業後にはダンボールなどを使って養生をしていきます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。


石膏ボードで天井を施工しています。
石膏ボードの重みは一枚約10kg。何枚も合わさればかなりの重量となってくるのでビスでの施工が必要と考えています。
一人で上を向いての作業は大変ですが、少しの工夫で施工をやりやすくしています。
四宮様 天井工事.jpg天井が貼れたら床貼り作業に入っていきます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

外部工事も一段落して内装工事に入ってきました。
天井工事から始まっています。
今回は久しぶりに2階にロフトを作っていますので勾配天井にしています。

ロフトの天井は法律上1400mm以下に抑えないと床面積に算定されてしまうので高さに気を付けて施工しています。
他にも階の面積の関係など色々と制限されることがあるので注意しながらの施工です。
四宮様 ロフト天井.jpg
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

太陽光パネルが設置されました。
一昨年の42円買取の時に比べて値段も落ち着き施工業者さんも動きやすくなったと言っていました。
補助金もその頃よりもだいぶ減額されて少なくはなりましたが、商品自体もだいぶ安くなった気がします。
四宮様 太陽光設置.jpg
南側に片流れにしたことで接地面積も多くなり6KW相当のパネルが設置できました。

愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

屋根工事が終わり太陽光パネルの設置工事が始まりました。
屋根に設置可能な面積分、6KW相当の発電量分のパネルを設置します。
四宮様 太陽光運搬.jpg
足場の設置してある内に施工することで仕事もやりやすくなるので早めの施工にしました。
四宮様 太陽光工事.jpg
薄く軽くなり施工もしやすくなっているとの事でした。
次回に設置した様子を書きます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

先週の工事の様子なので台風の来る前に形にはしておきたかったので外壁屋さんに頑張っていいただきました。
内装工事も順調に進んでいますので、雨水の侵入だけは許されない状況。
透湿シートに防水テープを貼ってしっかりと止めているので大丈夫だとは思っていましたが
やはり固めて欲しかった気持ちを組んでいただきました。
四宮様 外壁作業1.jpg
外階段部分は残りましたが住居部分は固めていただきました。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

外壁下地完了の次の日から外壁作業に取り掛かりました。
今回は工期的に大工仕事に専念するために外注で行います。

南北、東西と材を分けて貼っていきます。
先ずは南面の壁から施工してもらっています。
台風の影響でネットを貼るのを止めていますので外壁作業の状態が判りやすいです。

四宮様 外壁作業.jpg
週末ごとにやってくる台風の影響が心配な日が続いています。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

外壁下地の完成です。
通気工法にするために16mm厚の材を縦打ちにして軒裏に有効のケイカル板(穴あき)を使って
下から上に空気が抜ける通気層を作りました。
こうする事で結露の防止等プラスになることが沢山あると考えています。
四宮様 外壁下地.jpg
台風情報に気を遣いながら作業する日が続いています。
恵那市武並町での新築工事の様子です。
 
前回の加工編からの続きで今回は取り付けた様子を書いてみようと思います。

加工した左側です。
西尾様 飾棚エンジュ1.jpg
加工した右側です
西尾様 飾棚エンジュ2.jpg
正面から見るとこの様になっています。
西尾様 飾棚エンジュ6.jpg
玄関を入って正面に見える飾棚。
自分なりのこだわり持って作りました。
完成まであと少しとなってきましたので出来た様子もアップしたいと思っています。
恵那市での新築工事の様子です。

飾棚のムメにエンジュの太鼓剃りの材料を使うことに決めました。
化粧柱を付け柱としたので取り付ける前に加工します。
切れ端で型を着けて墨付けをします。
西尾様 エンジュ加工1.jpg
両サイド同じように刻むのですが、丸みのある部分にはかなり神経を使います。
西尾様 エンジュ加工.jpg
差し込んだ様子は次回に紹介します。
上手く行くのかは刻んだ本人が一番心配しているのが本音です。
恵那市武並町での新築工事の様子です。

足場撤去後、本格的に外構工事にかかっています。
施主さんの手配で石屋さんにお願いして沓脱石を置きました。
地元の蛭川産の石で加工品なります。
西尾様 沓脱石.jpgまだ石だけなので殺風景に感じられるかも知れなのですが
周りが出来てきたら存在感が出てくると思います。
恵那市武並町での新築工事の様子です

外壁足場を撤去しました。
毎回感じる事ですが、足場を撤去した時の気持ちがあと少しだから頑張らないとと感じます。
一段落着いた安心感もありますが、まだまだ気を緩める状態ではないです。
西尾様 外壁完成.jpg
早速、水道屋さんに来てもらい雨水の配管をして貰っています。
これが終われば外構工事に本格的にかかる予定です。
西尾様 外壁11.jpg

恵那市武並町での新築工事の様子です。

キッチンカウンターを作ってます。
キッチンの種類によってカウンターの作りも変えて作りますが今回は初めてL型にして見ました。
カウンターの長さはキッチンに合わせて2700mm、幅は240mmでヒノキ材を使っています。

西尾様 キッチンカウンター.jpg
階段材のために買っておいた材料を流用してみました。
節材ではありますが、厚みも60mmありしっかりとしています。
西尾様 キッチンカウンター1.jpg
一度仮付けをして見ました。
壁を作ってから本式に収める予定です。
恵那市武並町での新築工事の様子です。

キッチンの後ろ側に大きな収納を作ります。
幅は3600mm、高さ2300mm、既製品では少ない無垢の集成材を使用しています。
西尾様 バック収納.jpg
外枠を組んで壁に固定します。
こうする事で完全に固定され地震対策にもなり見た目もすっきりとします。
中には自在棚や引き出しを着けていきます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

今回は自信初の試みで外に階段を取り付けて二階にも玄関を作る設計です。
よって階段の勾配に合わせて壁を作る作業に取り掛かりました。
四宮様 外階段2.jpg
階段はアルミ階段を足場の撤去後に取り付け予定です。
図面に書いた通りにうまく壁が収まりました。
四宮様 外階段.jpg
後は下地を作り仕上げの外壁材を打ちます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

ベランダの防水工事が終了しました。
防水にも色々な種類がありますが一般的に住宅のベランダに多く使われているのがFRP防水です。
船の素材にも多く使われていて腐食にも強いと言われています。

四宮様 防水1.jpg
台風の多いシーズンですので対策として外部を早めに進めて行きたいと思っています。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

屋根工事が完成しました。
今回は片流れの屋根で勾配は2寸勾配。角度で言うと約10度位です。
瓦の最小勾配は3寸5分。瓦の使用は無理でしたので鋼板縦葺きにしました。
四宮様 屋根完成.jpg
夕方から雨予報でしたが、雨が降る前には全て終わることが出来ました。
台風の心配もありますので早めに施工していただき助かりました。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

建前から約一週間で中間検査がありました。
岐阜県では確認申請の認可が降りて完成後の完了検査という流れですが
愛知県では屋根完成時、内装工事に取り掛かる前の段階で中間検査があります。

図面通りに出来ているかや筋交いの配置、金物の施工など細かくチェックしてもらいます。
,四宮様 金物検査1.jpg
場所によって金物の種類も違うので間違えないように施工しています。
四宮様 金物検査2.jpg
今回は外周に構造用合板を施工したので筋交いの数は少なくて済みました。
数少ない筋交いにも金物施工が必須になります。
四宮様 金物検査3.jpg
検査と名前の付く物は何度やっても慣れなくて苦手ですが、指摘されることも無く無事に終わりました。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

建前の二日目になんとか戸締りができるようになったらと予定をたてていたのですが
進み具合を見ている中でも微妙な状態。
無理して進めなくても大丈夫かなと思っていたのですが応援の方々の頑張りで2日目の夕方に全て収める事ができました。
四宮様 紙貼.jpg
日が短くなってきたのを実感できる季節になってきました。


愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

建前2日目も快晴の中で仕事が出来ました。
間柱や窓台などの羽柄材は工場で加工しておいたお陰で、現場作業がはかどっています。
構造用合板も工場で加工しておきました。
四宮様 建前構造用合板.jpg
サッシの搬入も同時に済ませ外廻りを優先に進める準備が出来てきました。
IMG_0625.jpg

ホームページへ

最近のコメント

ウェブページ

  • blogimage