2016年1月アーカイブ

恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。

横葺きの施工のお手伝いをさせて貰っています。
横の長さが10mと長いために折れないようにサポートしてます。

カバノ 屋根施工.jpg
サポートしながらも施工の仕方を教えていただきました。
ほかの職人さんの仕事は勉強になることが多いです。
恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。

先ずは4.5寸勾配の屋根の横葺き材が搬入されました。
長さが10m近くあるのですが、平屋作りの為にトラックの荷台から手作業で搬入しました。
カバノ 屋根材搬入.jpg
全部で5箇所の屋根があるので間違えのないように配置しています。


恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。

屋根,庇の素材を選んでいます。
黒の中の黒が良いということでしたので一番黒い色のサンプルを取り寄せました。
耐久性があり遮熱効果の高いタフクールを選んでもらいました。
カバノ 屋根サンプル2.jpg
カバノ 屋根サンプル1.jpg
最近は外壁や屋根などにもエコの効果が高いものが多くなってきています。


恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。

天井は構造材と一体の為に吹き抜けになっています。
照明器具は構造材に直接取り付けるのですが
エアコンは天井から吊り下げて取り付けます。
早速ですが本体が配管の関係で取り付きました。
カバノ 天井エアコン.jpg
同時に内装の壁も施工する準備にかかっています。

恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。

以前にも紹介しましたが
ソリテックス・フロンタ・クアトロ・コネクトを使って
目透かしの外壁材を施工しています。
50mm幅、20mm厚の杉材をキシラデコールで塗装しています。
黒一色です。
カバノ 外観3.jpg
画像は南側の壁面です。
手間はかかっていますが着実に進んでいます。
恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。

大部分が外部も木製建具なのですが
厨房部分のみアルミサッシを入れます。

引き違いですが普通の引き違いではなくHKタイプと呼ぶタイプです。
カバノ アルミサッシ.jpg
1/3と2/3で別れているタイプになります。
鉄骨構造の木工事部分を請け負わせて頂きました。
発注元会社は地元の(株)三浦鐵工さん。

恵那市のカフェ工事と同時進行で今年に入ってから付知町内で工事を請負させて頂きました。
地元で仕事が出来る事はホントに有難い事だと感じると同時に
身の引き締まる思いがします。

永冶様 屋根施工前.jpg
先ずは屋根の下地作業から初めて行きます。
恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。

設計事務所さんの指定の断熱材を施工します。
マグ社のハイグレードグラスウール断熱材。
厚みも155mmがあり断熱効果も高いです。
カバノ HG断熱材.jpg
天井に施工していきます。

恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。

鴨居の長さが9mと長いために2本でつなぐ事にしました。
繋ぎ目にはネジリの防止のためにコミセンを打ち込みます。
穴の加工をしてます。
カバノ 鴨居取付1.jpg
コミセンにはケヤキ材を打ち込みました。カバノ 鴨居取付2.jpg
こうすることでネジレや目違いの防止につながります。


恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。

前回紹介したL字金物を早速取り付けてみました。
アウトセットになり柱よりも外に出ている状態になっています。
長さが9mと長いので耐久性的にも丈夫な鉄を利用しています。
カバノ 鴨居金具2.jpg
全体に見ると、このような感じになります。
カバノ 鴨居金具1.jpg
次の工程は、この上に庇を作ります。
恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。

外部の木製建具の鴨居の金物を特注で造ってもらいました。
図面画像の通りに支えを必要としてます。
数では17箇所に取り付けます。
カバノ 鴨居金具.jpg
木だけでは対処できない部分を補っています。
恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。


ソリテックス・フロンタ・クアトロ・コネクトを使って
目透かしの外壁材を施工しています。
50mm幅、20mm厚の杉材をキシラデコールで塗装しています。
黒一色です。
カバノ 外壁1.jpg
ソリテックス・フロンタ・クアトロ・コネクトの施工の段階で防水を完璧に行っておく必要性があります。

恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます

外部に張った黒い紙。
ソリテックス・フロンタ・クアトロ・コネクトという製品です。


カバノ 土台水切2.jpgこの製品は外壁材をすのこ状に施工するための製品です。
ですので、この段階で防水処理をしっかりとしておきます。
土台水切りをテープと併用して施工していきます。

カバノ 土台水切1.jpg
水切りをつけて上からシートを貼り付けます。
シートにテープが貼ってあるので施工は簡単にできました。

恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。


外部には構造用合板を施工。
GLより1m以上には防蟻処理
土台パッキンには気密シートのレール500。
カバノ 外観2.jpg
先日紹介した黒い紙を貼る前には色々な処理を行いました。

恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。


外壁の透湿シートに黒いシートを施工しています。
なぜ黒いシートなのかの細かい説明は、またの機会にして
外壁の化粧材を兼ねています。

今回の外壁仕上げは今までに無いアイディアの物を施工しています。
設計事務所さんのアイディアが形になっています。
カバノ 外観1.jpg

恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。

 
紹介が前後してしまいますが昨年末のブログで書いた工場で制作していた物が
この画像の物です。
カバノ ケラバ加工.jpg
切り妻でも隅木をつかい、ケラバを母屋で出すことなく垂木と同じ太さで仕上げる事ができます。
すっきりとした収まりになります。

恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。


柱や梁を固定する金物を施工しています。
カバノ 金物1.jpgカバノ 金物2.jpg
カバノ 金物3.jpg
構造計算の中で指定された物を指定された場所に確実に施工しています。

恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。

2日間の予定でしたが
大幅に手間がかかってしまい1日延長して3日間行いました。
2日間は焦ってしまって写真を撮る余裕もなくバタバタしてしまいました。
応援の大工さんに助けてもらったおかげで形になってきました。
カバノ 建前3.jpg

恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。


屋根の垂木間に断熱材を施工しています。
スタイロエースと言うウレタンフォームの断熱材です。
カバノ 屋根断熱.jpg
天井が勾配天井仕上げのために屋根の上に天井を施工していきます。

恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。


本格的に建前作業が始まりした。
初日はスッキリとしない天気でしたが雨に降られることもなく作業が出来ました。
カバノ 建前.jpg
建ってみてと大きさを実感しました。
思ったよりも大きいなというのが正直の印象でした。

恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。



土間からの開口部が多いので土台が切れている箇所が多く手間もかかりますが
土台伏せ作業も順調に進みました。
防蟻処理も行っています。
カバノ 土台伏せ3.jpg
時間があったので柱も立てておきました。
これで建前の準備が整いました。

恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。


建築の建前図面は、碁盤の目に仕切られたように書いてあり
横軸を いろは歌の文字、縦軸を数字で表して位置を表示してあります。

建物が大きくなれば見慣れない文字が出てきて戸惑うことも多いのですが
今回はそのような事が多くなっていました。
カバノ 土台伏せ.jpg
先ずは材料を位置に仮置きするのですが、場所を探すのに戸惑ってしまいました。
何箇所か置いた頃に、やっと慣れてきてスムーズに進みました。

恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。


建方への向けての準備が着々と進んでいます。
今回のプレカット工場は訳あって愛知県扶桑町の工場で加工してもらいました。
そこから運搬して貰い荷下ろしに立会いました。
初めての会社でしたが上手く打ち合わせができてスムーズに進めていけました。
カバノ 材料運搬1.jpg
トラック2台では全てが積めなかったので後日にもう一回来てもらいます。
敷地が広いので作業も捗りました。

恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。


厚み20mm、50mm幅の杉材の外壁材を先行塗装で施工しています。
本数は1350本。
施主さんが率先して作業してくれています。
カバノ 外壁塗装.jpg
乾燥させてから梱包します。

恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。


基礎工事が行われている間に垂木加工の仕事を工場で行っていました。

12月30日のブログで書いた垂木加工と組立が終了した様子です。
11組の加工が終了して無事に積み込みが終わりました。
カバノ 垂木積込.jpg
初めての事で戸惑いもありましたが
作業を進めていくうちに慣れてきて早く出来るようになりました。
今後の自分の仕事にも生かせるようになれたらと思います。
今年もよろしくお願いします。
色々と決意することや目標もありますが何よりも親身になって仕事に取り組むことが
一番重要だと考えています。

より一層の努力で今年も頑張っていきますのでご支援の程、よろしくお願いします。
ブログを始めた頃から相変わらずの内容が多いですが
皆さんに少しでも自分の行っている仕事を見て貰えたらと思っていますので
こちらの方もよろしくお願いします。
日の出.jpg
ホームページへ

最近のコメント

ウェブページ

  • blogimage