2017年1月アーカイブ

中津川市宮前町での新築工事の様子です

2階の床張り作業をしています。
この箇所を施工していかないと階段が施工できないので
優先順位をつけて施工しています。
0131床.jpg
製品は木目調のフローリングです。
中津川市宮前町での新築工事の様子です

2階の天井に断熱材を敷き詰めた後の間仕切壁の様子です。
どうしてもこのような隙間が空いてしまい断熱効果が少なくなってしまいます。
0130気流止め1.jpg
ですのでこの空気の流れを止めるために隙間に断熱材をつめて
空気の流れを遮断して対策をしました。
0130気流止め.jpg
中津川市宮前町での新築工事の様子です

大寒波がやってきて冷え込んだ日が続きました。
雪がそんなにたいしたことはなかったのですが、
日陰の雪は根雪となって残っています。
0129残雪.jpg
雪を見ると体感温度がぐっと下がってしまう気がします。
裏側には給湯器を置くので、寒冷地仕様にします。
中津川市宮前町での新築工事の様子です。

外壁工事も残すところあと少しになってきました。
これが出来てきたら換気扇や給気口のキャップをかぶせたり
TVのアンテナ作業を行います。
0127外観.jpg
足場が撤去されるのが楽しみです。
中津川市宮前町での新築工事の様子です。

窓枠と柱の隙間。
この様な箇所から外部の温度に影響されるので
しっっかりと断熱材を入れておきます。
0126ウレタン断熱材.jpg
スプレータイプのウレタン断熱材なので1cmくらいまでなら吹き込むことが出来て
とても便利です。
中津川市宮前町での新築工事の様子です。

窓枠を固定するために使う金具です。
出幅の調整を簡単に調整できるのでとても使いやすいです。
0125窓枠止め.jpg
枠とも木材に隙間が出来るのでここには断熱材を入れて隙間をなくします.
中津川市宮前町での新築工事の様子です。

グラスウールの断熱材を施工しています。
16Kの効率です。
0124断熱材.jpg
天井壁ともに同じ材料で隙間なく詰めていきます。
中津川市宮前町での新築工事の様子です。

ユニットバスの設置工事が完了しました。
大きさは1坪タイプです。
毎回、オプションで入り口は引き戸に変更しています。
0123UB設置1.jpg0123UB設置.jpg
工事は朝から初めて夕方には完了しました。
手早く丁寧に仕事をしてくれました。
中津川市宮前町での新築工事の様子です

ユニットバスの床下部分にスタイロフォームの断熱材を施工しました。
継ぎ手部分には機密テープとウレタンで密閉します。
0122UB下断熱.jpg
ここで隙間が出来ると壁内に外気が入ってきてしまい
内部結露を起こす原因にもなるので
しっかりと施工しました。
中津川市宮前町での新築工事の様子です。

外壁が順調に進んでいます。
シンプルな凹凸でスッキリした感じに仕上がってきていると感じています。
0121外観.jpg
2階部分は色を変えるので、どうなっていくのか楽しみにしています
中津川市宮前町での新築工事の様子です。

外壁工事が始まりました。
1階と2階と色分けをしています。

0120外壁.jpg
寒い日が続いていますが、職人さんが頑張ってくれています。
中津川市宮前町での新築工事の様子です

外壁の仕上げがガルバリウム鋼板の3山仕様。
仕上げ材自体に凹凸が少ないので
通気を確保するために縦胴縁を施工して通気を確保しました。
0119外壁下地通気.jpg
これで外壁作業に移っていきます。
中津川市宮前町での新築工事の様子です

外壁の下地を施工しています。
今回の外壁仕上げは3山のガルバリウム鋼板。
山の大きさが小さく通気が取れないので縦下地と横下地の2重で施工しています。
0118外壁下地.jpg
詳しくは次回に書きたいと思います。
中津川市宮前町での新築工事の様子です

軒裏に既製品の換気口を取り付けました
取り付けた材はカネシンのスーパースリム換気口
これのハーフタイプを使用しています。
0117軒換気.jpg
軒裏材の有孔タイプも検討しましたが
通気計算データでこれでも十分に対応できたので
こちらで対応しました。

中津川市宮前町での新築工事の様子です

ネタ打ち、断熱材入れの次は1枚目の床の構造用合板12㎜の施工です。
仕上げ床材の下側になるので下地材になります。
0116床捨て貼り.jpg
これが出来上がると本格的に内装材の搬入を始めます。
中津川市宮前町での新築工事の様子です

床張りのネタを打ったら断熱材を入れています。
今回はグラスウール断熱材40mmをネタの間に隙間なく入れています。
0115床断熱.jpg
303mm間隔のネタの間に入るように既製品はできているので
殆どが加工することなく入っています。
中津川市宮前町での新築工事の様子です

一階の床張り作業をはじめました。
合板の捨て張りまでを行います。

先ずはネタ打ち作業から。
45角材を303mm間隔で止めていきます。
0114床ネタ貼.jpg
曲がりの無い乾燥材を使っています。
中津川市宮前町での新築工事の様子です

軒裏の下地を施工しました
下地はケイカル板の無塗装板。
0113軒裏.jpg
穴の開いている個所は通気口になります。
この箇所は専用の通気金物で蓋をします。
仕上げは塗装で行います。
今回の軒裏仕上げはケイカル板を貼って塗装で仕上げます。
先ずは下地作りから。
0112軒天.jpg
180ピッチで細かく入れて仕上げ材の不陸をなくすようにします。
中津川市宮前町での新築工事の様子です

朝から始まった工事も無事に15時には終了しました。
仕上がりはFRP防水です。
0111ベランダ仕上げ.jpg
天候も心配でしたが屋根下のために振り込むことも無く助かりました。


中津川市宮前町での新築工事の様子です

畳2帖の広さのベランダですので面積的には広くはないのですが
防水工事は大きさにかかわらずにしっかりと施工しています。
0110ベランダ.jpg0110ベランダ2.jpg
工法はFRP防水工法で仕上げていきます

中津川市宮前町での新築工事の様子です。

建前が終わって直ぐに屋根工事に入ってもらいました。
今回の仕上げ材は鋼鈑縦葺き。
0109屋根.jpg片流れのスッキリした仕上がりです。
雪が落ちないように雪止めも設置しました。
中津川市宮前町の新築工事の様子です

建前からすぐにサッシを搬入して取り付けました。
寒くなる前に外回りを囲って置きたかったので
早めに対応しました。
0108外観.jpg                 雨水の侵入の心配も少なくなり家らしくなってきました



市内の企業さんの事務所の増築工事をさせて頂きました。

2016年、最後の仕上げ仕事でした。
工期は11月末から年内いっぱいで工程を組みました。

内装工事の様子の写真はあまり無いのでアップはできないのですが
12月6日に建前をして引き渡しは12月22日にすることが出来ました。
0105熊谷製作所様.jpg
年末の忙しい中、各職人さんが快く協力してくれたお陰です。
ありがとうございました。

市内の企業さんの事務所の増築工事をさせて頂きました。

2016年、最後の仕上げ仕事でした。
工期は11月末から年内いっぱいで工程を組みました。

先ずは基礎工事から
0105熊谷製作所様1.jpg
大きさは4095×3640の9帖。
工期を順調に進めるために全てにおいての準備を万全にして行っています。

ホームページへ

最近のコメント

ウェブページ

  • blogimage