2017年8月アーカイブ

画像の箇所は今まで北側に面した押入でした。
リフォームで間取りを変更して廊下にしました。
押入だったために窓がないのは当たり前なので開口を作り窓を取り付けします。
0831北廊下.jpg
今までは風の通り道が無かったので南北に窓を作って空気の動きを作ります。
一期工事の壁紙を施工する間に2期工事の準備に入りました。
この収納箇所は通路になるために解体します。
0831.jpg
中の物を片付けをしてもらいました。
少しずつですが、確実に進んでいます。
2回ほど違った現場のことを書きましたが
今回からまた戻って付知町リフォーム工事に書きます。

前置きですが今回の工事内容は全室のフル改装工事で階段の位置まで変えてしまう大規模な工事です。
住みながら行う工事ですので何回に工事を分けて進めています。
ですので先ずは2部屋を完成させて住めるようにしています。

最初の二部屋が壁紙工事に入りました。
目地埋めをして下地処理をしています。
0829パテ詰め.jpg床から天井までの1枚の下地材3*8板を使っているのでパテも少なくてすみます。
0829パテ詰め1.jpg
喫煙場所にベンチが欲しいということで
簡単な形のベンチを造りました。
0828ベンチ.jpg
ヒノキ材節有りですが揉む気があると感じます。
工場にあった材料で出来たので直ぐに納品できました。

従業員用のお弁当の配膳台。
約3年前に施工させてもらった物です。
今回は支えとなる足のビスが緩んで外れそうになっているので直して欲しいとのことで
伺い補修をさせてもらいました。

普段は通路になっている場所なので邪魔にならないようにお願いしますと言うことでしたので
なんとか知恵を出してこのような形にした記憶があります

0827壁収納テーブル1.jpg
持ち上げて形にするために工夫をしてあります。
用は車のトランクを開ける仕組みと同じです。
スプリングを使用して
女の人でも片手で持ち上げてできるようにアシストしてあります。
0827壁収納テーブル.jpg
ほかの箇所は異常無かったので一安心です。

既設にある断熱材を利用しながら
新たに断熱材を入れて壁を2重にしています。
0826壁断熱.jpg
                        下地を入れて壁を作ります
0826壁断熱1.jpg

窓枠はパイン集成材を使います。
特にリフォームの場合は壁厚が中途半端になることが多く
既製品では対応できないことが多いために自由な寸法に対応出来る無垢板を使います。
0825オスも.jpg
色合いを揃えるためにウォルナットで塗りました。
0825オスモ.jpg

透湿シートを施工して防水テープを貼りました。
窓も入り雨対策は大丈夫になりましたが
早めに外壁を施工できるように段取りを撮りたいと思います。
0824外部.jpg
下地を組みながら断熱材を施工しています。
断熱材はグラスウール100mmの16K仕様です。
0823天帖下地.jpg
下地が組めたのでPBを施工にかかります。
間仕切り壁が出来てきたので
天井下地を組み始めました。
天井高さは2400mmと一般的な高さに設定しています。
あまり高さ過ぎても冷暖房の効率も悪くなり
逆に低すぎても収納扉などの空間がせまくなって既製品で対応できなくなります。
0822天帖下地.jpg
そういった意味で一般的な高さを採用しています。

解体した窓を分別作業しています。
枠のビスを外してガラス、アルミ、ゴムに分けています。
0821分別.jpg
それぞれ持っていく場所が違うので
しっかりと分別しています。
既設の窓を外して新しい窓を入れるための枠を造りました。
今回の窓は雨戸では無くてシャッター付きの窓になります。
0820外解体.jpg
同じ高さで揃えて統一感をもたせます。
天井を組めるように針葉樹合板を床に施工しました。
2重貼りが基本なので一回目の床針といった感じです。
0819床貼.jpg
足場が良くなると仕事もはかどります。

既設の大引や根太を使って
その上に新たに根太を組みました。
高さが水平ではないので束の補強を入れながら水平を出しています。
0818根太.jpg
とにかく壊して片付けてを繰り返しています。
手作業ですので地道に勧めています。
0817解体.jpg
天井と壁を片付けました
次は床を剥がしにかかります

本格的な和室もありますが
子ども部屋にするために洋室に変更をします。
0816和室.jpg一気に押し入れをを壊して畳を撤去しました。
0816和室解体.jpg
と言ってもここは2階。
荷下ろしをフォークリフトを使ってやっています
2階の奥の洋室から工事を開始します。
今回は居住しながらなので何回かに工事を区切り
完成下場所に引越しをしてというやり方です。
0815洋室.jpg
分別しながら手作業で工事をすすめています。
0815洋室1.jpg

店舗の改装工事を施工させてもらったヘアーサロンみどり。
その時から住居部分のリフォーム工事の計画があり
今回もお世話になることになりました。
本当にありがたい話です。
0814表廊下.jpg
外観はあまり変わらないのですが
水回りから全ての部屋を改装工事。
工期も予算もかかるのですが、上手く合わせながら進めたいと思います。
地面やコンクリートと直接設置させると
木は水分を吸い上げて腐食が早く進んでしまうので
直接触れないように基礎パッキンを加工して取り付けました。
0813外階段1.jpg0813外階段.jpg
少しでも寿命を長くして
大切に使ってもらえたらと思います。



どこを基準にしていいか解らない状態からのスタートで
加工して組み上げてから現場に持ってきて切る削るを繰り返して
無事に取り付けることができました。
0812外階段.jpg
防振防蟻塗料を3回散布して置きました。
色褪せがしてきたら塗装してメンテして貰えれば
寿命が延びてくれます。
階段を撤去した後に固定するボルトを差し込みました
固定方法をどうするか悩みましたが
できてみるとあっさりと決まって何で悩んでいたのか不思議なくらいでした。
0811外階段.jpg15kのホールダウン金物を使っています。
0811外階段ボルト.jpg
これで本体の階段を取り付けします。
今日からは付知町でのリフォーム工事について書きます。

先ずは裏口のところにある木製の階段。
20年近く経っていてかなり腐ちています

今回は架設キッチンなどへの通路になるために撤去して新設することにしました。
ただこの階段。
かなりレベルの高いことが要求されます。
水平や角度に取り付け方法。
難題をクリアしてやっていかないといけません。
0810外階段1.jpg
知恵を絞って取り付けます。
完成した様子です。
あこがれの対面キッチンが出来ました。
配膳を兼ねたカウンター。
その下の壁には石目調の壁紙を施工しました。
0809全体.jpg
無事に全てが完成しました。
一息つけるスペースに座卓をおいて
よりくつろげるスペースになりました。
0808リビング.jpg
ジュウタンではなくゴザを敷く粋な計らいも。
ゆったりした空間を造りました
リクシルのシステムキッチンを取り付けた様子です。

出窓を活かしながらという要望でしたので
換気扇も窓をふさがないようにしながらも
少し低めに設置しました。
0807きっちん.jpg
ビルトインタイプの食洗機にしたのでスッキリとしてます。
お陰様で完成と同時に引越しをして使えるようになりました。

先ずはキッチン後ろに食器棚の空いたスペースに収納棚を
オリジナルで作成しました。
合板を使用しているので時間も手間も削減できています。
0806バック収納.jpg
 塗装も色合いを合わせて違和感をなくしています。

キッチンを取り付けています。
I型、W2550mmの大きさのキッチンです。
0805キッチン取り付け.jpg
スタンダートな形ですが、食洗機やフロアコンテナなどの装備が充実しています。
システムキッチンを取り付けています。
先ずは高い場所からの工事です
換気扇から取付工事をしてます。
0804換気扇.jpg
既設の窓にかかってしまうために少し下げて取り付けました。
こうすることで空気の引きがメーカー推奨数値になります。
キッチンカウンターの壁が出来、
キッチンを搬入しました。
0803キッチン搬入.jpg
吊り戸棚がないので梱包に数も少ないです。
取り付ける順番に配置しておきました。
I型のキッチンを造作壁で対面式にする施工方法です。
キッチンがあまり見えない高さの壁を作りました。
カウンター式ではないので天板を少し広めにつくり
配膳台を兼ねています。
0802キッチン.jpg
次はいよいよ取付工事に入ります。
天井、床の施工が進んで壁を施工しています。
カーテン、時計、神棚などの取り付け下地を入れてあります。
0801壁貼り.jpg
画像に残す事で
どのように下地が入っていたのかの確認にもなります。

ホームページへ

最近のコメント

ウェブページ

  • blogimage