2018年7月アーカイブ

キッチン取り付け作業の最初の仕事は換気扇取り付け作業です。
高い場所の工事から先に進めていくのがセオリーです。
0731換気扇.jpg
今回採用したのはシロッコファンと呼ばれる換気扇です。
色は白で周辺と上手くバランスが取れています。
キッチンを取り付ける前にパネルのコーキングを施工しました。
キッチンを取り付けをしてからでも出来るのですが
据付前にできる箇所から施工したほうが綺麗に仕上げることが出来ます
0728キッチンパネル.jpg
これでキッチンを施工できます
内装工事も大詰めを迎える頃にキッチンが搬入されました

細かい部品を入れて商品は14点に分かれています。
まずはしっかりと荷物のチェック。
0727キッチン搬入.jpg部品が全てあることを確認して伝票にサインします。
2階の洋室です
1面だけの壁をアクセントをつけて柄入りにしています
0726クロス.jpg
床の仕上げはタイルカーペットですので
最後に仕上げます
コンセントの穴あけ、パテ処理も終わりいよいよ壁紙を施工しています
和室は網代模様の天井と塗り壁風に。
0725クロス.jpg
2階の洋室はアクセントをつけて1面だけ柄入りの壁紙です
0725クロス1.jpg

スイッチやコンセントの電気ボックスの穴を電気屋さんが開けてくれています
ボックス周りにセンサーで感知できる線が入っていて
壁を張ってしまっても場所が解るようになっています
0724穴あけ.jpg
僅かなズレもなくボックスぴったりと穴が開いていきます
プラスターボードの目地にパテ詰をしています。
この作業をしっかりとすることで
仕上げの度合いがはっきりと変わってきます。
0723パテ詰.jpg
石膏ボードを施工するときも出来るだけパテが少なくなるように気をつけています
キッチンを取り付けるための最初の準備段階のキッチンパネルを施工しました。
本来ならば専門職の職人さんが来てキッチン取付工事をする工務店が多いですが
色々と経験してきた中で自分にも取り付けの為の知識が身に付いていますので
自社施工をします
0722キッチンパネル.jpg
本体搬入前に準備が整いました。
リビング側は収納とクロス仕上げでしたが
キッチン取り付け側はキッチンパネルを施工しています。

0721キッチンパネル.jpg
キッチンパネルは水にも汚れにも強いので重宝して使っています
キッチン取り付けの造作壁が完成です。
調理器具側は油などの汚れを考慮して天井までの壁にしました。
その裏側には奥行30cmの収納です。
0720壁付け.jpg
キッチン側にはパネルを施工します
キッチンの取り付け準備です
造作壁を造っています
調理器具前のみ汚れ防止のために天井まで壁を造っています。
0718キッチン壁.jpgシンク周りはカウンター式にして配膳台のみを造ります
キッチンを取り付けるための準備に取り掛かりました
キッチンはI型の造作壁取付対面キッチンになります
ですのでまずの工事はその造作壁を造る準備からです
0717取り付け前.jpg
事前に打ち合わせた場所に配管がしてあるので
その場所にあわせて壁を作り始めました
天板をオスモ塗装しています。
画像左側が塗装前、右側が塗装後になります。
着色ではなくクリアの保護塗装ですので水分を含んでいる感じの仕上がりになります。
0716TVdai.jpg
植物油を主原料にした自然塗料なので体に優しい塗料です
LDKに工場で作成したTV台を設置しました。

壁下地にはTVが壁掛けになっても良いように下地を合板で施工しました。
0715TVdai.jpg
コンセントもTV台に合わせた高さに設置します
加工組立は工場で準備して行います

まずはテレビ台を組立しました。
大きさは3400mmと大きいので重量もかなりあります。
天板は桧の材料です。
0714TV台.jpg
集成材でも無垢材ですので香りもしっかりとします
これから現場で持っていて取り付け作業です。
隣地境界にブロック塀が完成しました
0713ブロック塀.jpg
これではっきりと境界が解ります。
高く積むと目線も遮り景観も余り良くないので3段の高さに抑えています
隣地との境界にブロック塀を施工しています

隣地からの黒土の流入などを防ぐ役割もあり最低限の高さにしました。
0711境界.jpg
もうすぐ完成になってきました。
天板を加工して取り付けしました。
半埋込なので化粧台の大きさに追わせて刳り貫いてあります。
0710洗面化粧台.jpg
取り付けする前に防水の塗装をします。
今回の洗面化粧台は既製品の台を使うのではなくて造作工事です。
洗面器は既製品を使うので大きさのバランスを考えて位置を決めてます
0708洗面化粧台.jpg
下には収納する場所も設置します
造り付けの本棚を壁に固定しました。
同じ物がもう一箇所隣に取り付けます。
0707本棚.jpg固定することで地震対策にもなるので安心して使うことが出来ます
ベースとなるコンクリートの基礎部分を掘っています。
隣地の地主さんの立会いのもとで話し合いをしっかりとして工事を進めています。
0706外構.jpg
田んぼでしたので黒土が多く出ますが
作業は順調に進んでいます
隣地との境界線に高さ60cmブロック塀を施工する事になりました。
この時期には草も元気ではっきりとした境界がわからなくなってしまっています。
0705外交.jpg0705外構.jpg黒土の汚れも防止する目的もあります。
建方前に設置した足場が役割を終えて無事に撤去されました。
足場が無くなると完成まで後少しという気持ちになります。
0704足場撤去.jpg
気を引き締め直して頑張ります
足場の撤去が始まりました。
2ヶ月経過して外壁工事が終わりました。
0704足場てっっきょ.jpg
足場がしっかりしていると仕事もしやすくて安全になります。
本職であるので当たり前ですが仕事が早くてびっくりです。

昨日の休日。
5月6月の休日は消防団の活動が多く中々のんびりできなかったのですが
昨日の休日は長男のサッカーと長女の中体連。
午前中で終わったので午後からは付知川に遊びに行ってきました。
サッカーの試合後なのに元気の良さはすごかったです。
0702付知川1.jpg
気温が33度近くまで上がっていたので家の中でゲームをやるより
せっかく地元に素晴らしい清流があるので出かけてみようと子供達に自分から声をかけて連れ出した感じでしたが、
行ってみたら子供たちのペースで魚捕まえが始まりました。
本来なら川での遊泳は学校から禁止されているのですが
自然の中で遊ぶ楽しさを知ってもらえるようにと思って行ってしまいました。

次女たちは魚釣りも楽しんでました。
0702付知川.jpg                   久しぶりに行った付知川は水も綺麗で冷たかったです
いつまでも清流という言葉が似合う場所でいてもらいたいです。

外壁材のサイディングの表面には汚れ防止の加工がしてあります。
プラチナコートとマイクロガードと呼ばれています。

実際に鳥の営巣の時期で田んぼの泥を外壁に付けられてしまいました。
0701外壁.jpg
放っておいても雨が当たれば自然と流れ落ちるのですが
雑巾を拭き取ってみたらすぐに綺麗になりました。
0701界壁.jpg
少し高価な材料ですがそれだけの価値のある材料です
ホームページへ

最近のコメント

ウェブページ

  • blogimage