2019年5月アーカイブ

化粧パネルも施工されて残りの箇所は壁紙を施工しています。
天井は極力構わない様にしてジプトーンを残してます。
190531.jpg
ガスコンロ調理機器周りには全面、床から1m以上は法的に吸水のない材料で施工になっていますので
一般住宅でもキッチン周りに使用する化粧パネルを施工します
190530.jpg以前行った厨房工事での知識を活かすことができ
経験が必要だと改めて感じました
190530-1.jpg
水道配管工事と並行して内装工事の間仕切り壁を作っています
190529.jpg少人数で行っていますが工期の延期のないように工事が重なっても上手く調整して
お互いの邪魔にならないように強力くして進めています
190529壁.jpg
土間コンクリートの撤去が完了し本格的に給排水工事に取りかかります。
自分がお手伝い出来るのもここまでですので
後は本職の大工工事に取り掛かります
190527.jpg
水道屋さんのお手伝いのために自分でコンクリートの切断撤去作業を進めています。
有難い事にブレカーやコンプレッサーなど特殊機械をすべてリースできたので
作業が順調に進んでいます。
190527 q.jpgただ土間コンクリートが重量物に耐えられるようにしっかりとした物でしたので
撤去するのには大きな機会が必要でした
今回は厨房工事がメインになるために給排水工事画面になります
給排水管を埋設するために土間コンクリートをエンジンカッターで切れ目を入れていきます。
190526.jpg

中津川市坂本地区で店舗改装工事を行います
新しい経験をさせて頂くことに感謝して仕事に取り組んでいきたいと思います
先ずは解体撤去差から開始します
190525.jpg
始めてから約10日間で完成することができました。
外観はヒノキの板を塗装した縦張りです。
落ち着いた雰囲気になっています。
190522完成.jpg内観は白を基調にした仕上がり。
床は木目調です
190522完成内観.jpg施主さん、協力業者さんのお陰でスムーズに引渡しまでできました
ありがとうございました。
白を基調にした壁紙が貼れました

190521クロス2.jpg
照明器具もついて完成間近になりました
190521クロス.jpg

石膏ボードのジョイントの箇所にパテ詰をしました
今はベベルボードと言ってカドの面取りがしてあるボードですので
パテを詰めた後の乾燥時間が掛かってしまいます
190520パテうち.jpg
1日開けてクロスを張る作業になります
鉄骨構造でしたので梁の大きさが大きくなっていました。
天井高さを確保するためにコーナーの箇所を作りました。
190519PB貼り.jpg
階段下も利用できるように奥行を確保しています
階段下の勾配になっている箇所
中々の難所になりますので慌てず腰を据えて施工していきます
190518内装下地.jpg

先日塗装した枠材を入れて内装の壁を施工していきます
もともとあったケイカウ板の上に下地を組んで
新たに石膏ボードを施工します
190517内装下地.jpg
窓枠材など内装の化粧材に塗料材オスモを塗っています
自然素材で施工もしやすく愛用させて貰っています
190516オスも.jpg
貼り終えた全体の画像になります
無垢のヒノキにウォールナット色を塗装しました。
190515外壁.jpg無垢板塗装のために色合いの違いが多少はありますが
それがまた無垢らしくて良いのかなと感じます
雨が当たる場所ではないので無垢のヒノキの板を使っています
綺麗に削るのではなく挽き残しと言って製材所で挽いたままの状態のままです
190514外壁.jpg綺麗にしすぎない事が綺麗になる事もあると感じています
外壁の板を施工する前に塗装しました。
こうすることで塗りムラを無くして施工性を高めることができます
190513外壁.jpg
全体に風が通るように立て掛けて乾燥させています。
元々駐車スペースだった箇所に部屋を作ったので外壁は雨に当たる心配の少ない場所になっています。
ですので無垢板を塗装して施工することにしました。
190512外.jpg
目地に隙間に対応するために下地合板を施工しました。
下地の床を施工して仕上げの床を施工しました。
190511.jpgギズが付かないように直ぐに養生して次の作業にかかります
190512.jpg
 断熱材を2重に入れて最初の床を貼りました
ネタを入れるときに1820mmの間隔を基本に貼っていくので
合板は切らなくても良い施工ができます
190507.jpg
壁は施工できているように見えますが
既設のケイカル板のままです
この上に下地を組んで石膏ボードを施工です
今回は2重に断熱材を入れる事にしました。
先ずは大引き間にスタイロフォームの断熱材。
190506.jpg
そしてこの後にネタ間にGWの床トップを入れて施工します
大引きと呼ばれる材料90角を加工して、土台に入るようにしています
190505.jpg
鋼製束で高さを調整してしっかりと固定しました。
190505 1.jpg
側面に断熱材の受け材を打って断熱材を入れる段取りをしました。
190505.jpg

窓の位置も決定して柱を建てました。
下地の割付もあり後に手間がかからない位置も考えています。
断熱材も上手く入るようにしています。
190504.jpg
天井下地を組んで間仕切りになる柱を建てます
今回は土間から脚立で届いたので先に下地を組みました。
190503.jpg窓が出来る位置を寸法出しして柱を建てます
今まで駐車スペースだった場所を生活スタイルの変化に伴って
洋室を一部屋造ることになりました。
190502.jpg
鉄骨構造の造作も何件も施工してきて今では迷いなく出来るようになりました。
スムーズに進むように頑張っていきたいと思います。
18帖の広さの床を2日間で貼り終えることができました。
壁は現状のままでしたので巾木を床の厚みの分だけ溝をつけて差込ました。
190501 1.jpg190501.jpg仕上がりも綺麗に収まりました
ホームページへ

最近のコメント

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • blogimage