2019年8月アーカイブ

 朽ちてしまった木製の塀を撤去します
基礎土台が無いので腐りも早く隣地のほうに傾いてしまっています
190828高塀.jpg
万が一があるといけないので早めに撤去します
190828高塀1.jpg

一番上には棚。
下にはハンガーパイプを2段
高さを変えて数が収まるようにしました。
190827収納.jpg下地がないと取付も難しいのですが
造りを把握したうえでの取付でした。
ウォークインクローゼットになっている場所ですが
使い勝手が悪いのでハンガーパイプ、収納棚をつけて使い勝手をよくします
190826収納.jpg空間を最大限に生かした造りにします
一見簡単そうに見えますが
角度がついている場所ばかりで原寸を取りながら加工しました。
190825神輿修繕.jpg
補修しながら補強もできて丈夫になりました
重量物を支え、なおかつ揺れにも強く軽い物を使う
住宅用の鋼製火打ちを使用しました。
190824神輿修繕.jpg3本使ってバランスを保ちました。
土台もしっかりと合板で組んで支えています
中を見て感じました
何回も修理して使ってきた形跡がありましたが
ここまで大掛かりに撤去して直すのは初めて。
190823神輿補修.jpg皆の愛されてきた大切なものだと改めて実感しながら取り組んでいます
まさかの仕事の依頼でした
御神輿を直して欲しい
最初は戸惑いましたが、とにかくやってみようと思って引き受けさて頂きました

現状ではかなり台座から離れてもう限界に近い状態
190822神輿1.jpg190822神輿.jpg
 解体しながら見ていく事にします 

窓を少し小さくして吊り戸棚を付けました
幅も狭くしたのですが必要な機能は全て揃っています
190821.jpg
念願だったキッチンの横に冷蔵庫をおけるようになりました
奥の窓は中窓で単板ガラスの窓でしたが
複層ガラスの断熱窓に変更しました。
190820掃き出し窓.jpg採光も取れて断熱性能が高まりました
幅800 広いトイレではないですが便器を手洗い付き
反対側の入り口上に棚板を取り付けることでスペースを確保しました
190819トイレ.jpg
床材もクッションフロアにして水に強いものにしました
浴室の入り口の扉。
オプションではランクが上の2本引込戸にしました。
190818浴室.jpg開口が広くとれるので出入りが楽になりますが
金額がどうしても高くなってしまいます
脱衣室が完成です
0.75坪の広さで大きな面積では無いですが
棚板を窓上につけて収納の工夫もしました
190818脱衣室.jpg
施主さんの要望は建具は全て引き戸にしたい
ただ設計では目に見えない難しい所がありました。
画像右側の扉がそれになります。
手前の扉を開けると奥の扉に被ってしまい奥の扉が開かなくなります
しかし同時に使う事が無いのでこのような形でおさめました。
190817建具.jpg
給水管が立ち上げっている場所が浴室だった場所です。
その奥がトイレと脱衣所。
190816風呂解体.jpg                      その場所も解体して間取りを変更します。
キッチンの撤去をしています
壁は塗りで行いますのでキッチン周りだけは撤去
床もクッションフロアで施工します
190815キッチン.jpg
家族形態の変化に伴い水廻り全般リフォーム工事をすることになりました
まずはキッチンから始めます。
190814キッチン.jpg 窓も掃き出し窓にして明るくなるようにします190814キッチン窓.jpg
受け金具が雪の重みや経年劣化で勾配が悪くなってしまい
流れ方もおかしくなっていたのを交換しました
軒樋はもちろん金具も変えてすべて新品にしました
190813雨樋工事.jpg
何か所もあった落とし口も1か所にして母屋の屋根からの単独で落としています
ポリカ庇の屋根の雨樋をやり替えます
劣化が激しく雨を捌き切れない状態に
190812.jpg落とし口の場所も変えてすっきりと収めます
道路通行止めの許可を取って下水道の取り出し工事をしました
幸いにも通行量が少ない道路で迂回路も近くにあったので工事は順調に進みました
190810下水道.jpg
沢山の石が出てきてビックリでしたが無事に済みました
窓枠を入れた後の柱との隙間
20㎜程の隙間があります
この隙間が熱欠損の原因になるのでしっかりと断熱性能のあるもので塞ぎます
190809.jpg
スプレータイプのウレタン材を隙間なく埋め込みました
190809ウレタン.jpg

建て方前に施工してあった足場を撤去しました
足場のあるうちに出来ることを施工しておきました
190808外観.jpg
足場を撤去してからしか出来ない工事に入ります
手摺、タオル掛けやハンガーハイプなど生活していくには必要な物を取り付けるためには
下地が必要になってきます
設計の段階で何処に何が欲しいのかを決めておけば工事に入ってもスムーズに進行していきます

こちらはタオル掛け用の下地
190807下地.jpgウォークインクローゼットにハンガーパイプ用の下地
190807下地1.jpg
段板を取り付けました
向こう側が見えているのですが蹴込板と呼ばれる部材をつけて見えなくします
段の高さが195㎜
登りやすい高さにしました
190806階段.jpg
上部2段の廻り個所を施工して両端にササラ桁と呼ばれる側板を施工しました
階段の加工はプレカット工場で施工してあるので
現場で切断して取り付けていきます
190805kaidan.jpg

今回の階段はストレート11段で上部2段の廻り階段
出来るだけ緩やかで上りやすさを追求しています
190804階段.jpg
画像が横になってしまっていますが
右から左に上がっていきます
IMG_7058.JPG
画像がどうしても治らないので申し訳ございません。

2階トイレの中に壁の厚みを利用した収納庫を造ります
WCにあると便利な収納。
細かい物を入れておくのに本当に便利です
IMG_7053.JPG

ホームページへ

最近のコメント

ウェブページ

  • blogimage