住宅用火災警報器 中津川市川上地区リフォーム

| コメント(0) | トラックバック(0)
住宅用火災警報器は消防法で義務付けられたものです
設置場所は寝室、キッチンとなっていますが
建築基準法の完了検査では寝室となり得る部屋、例えば子供部屋の洋室のような場所にも設置していまいと
検査官から突っ込みが入ります。
200405火災警報器.jpg
 画像のように煙感知と熱感知の2種類があります。
熱感知は調理機器を使う場所、キッチンに。
煙感知は寝室や居室、階段室に設置します

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kitaharakenchiku.com/mt/mt-tb.cgi/2377

コメントする

ホームページへ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • blogimage