外構工事の最近のブログ記事

隣地境界にブロック塀が完成しました
0713ブロック塀.jpg
これではっきりと境界が解ります。
高く積むと目線も遮り景観も余り良くないので3段の高さに抑えています
隣地との境界にブロック塀を施工しています

隣地からの黒土の流入などを防ぐ役割もあり最低限の高さにしました。
0711境界.jpg
もうすぐ完成になってきました。
付知町内ので別荘工事の様子です。

アプローチの階段。
腐食していた木材を撤去して新しくしました。
今回は腐食の無いように石を使って仕上げました。
0218別荘階段.jpg
ササラ桁は化粧ブロック。
段板は地元の蛭川産の御影石です。
これで心配なく昇降できます。
付知町の別荘で管理が出来ていなかった建物でアプローチの木製階段が腐食してしまいました。
年に数回訪れるだけなので管理が難しかったようです。
相談を受けて石とブロックで作り直すことにしました。
0217別荘階段.jpg
テラスを撤去した後にブロックを積んでアルミフェンスを設置しました。
0215アルミフェンス.jpgこのアルミフェンス、最初のフェンスを設置した25年前に延長の計画があって購入したものです。
0215フェンス.jpg
25年間、物置で眠っていたのにも驚きでしたが
やっと日の目を見ることが出来ました。
すべての撤去が完了しました。
木材と鉄骨の造りでしたが上手くバラして解体ができました。
0214撤去完了.jpg
このままでは危険なのでブロックを積んでフェンスを設置します
中津川市宮前町での新築工事の様子です。

道路境界線にフェンスを設置しました。
ブロックを1段積んでからの高さなので、GLから800の高さです。
0508外構.jpg
シンプルなデザインで価格も抑えています。
中津川市宮前町での新築工事の様子です。

道路境界線にブロック積みをしています。
ハッキリとした境界が判るのと見栄えも良くなると思います。
0502外構.jpg
別の話になりますが、
建設業界の人出不足というのが中津川市の中でも感じるようになって来ました。
今まであまり付き合いの無かった元請け業者さんからの連絡が増えたり
他の業者さんに連絡しても予定がいっぱいだったり。
有難い事ですが、今まで以上に工程をしっかりさせて事前連絡を徹底して職人さんの動きやすいようにしていきたいと思います。
中津川市宮前町での新築工事の様子です

雪の天気から一変して快晴の良い日になりました。
春を感じる陽気です。
そんな日にタイミングよくコンクリートを打設できました。
0322玄関ポーチ.jpg
天気が良い日が一番だなと感じる日になりました。
中津川市宮前町での新築工事の様子です。

暖かくなって来て仕事もしやすいと感じていた時に
まさかの雪降りな天気になってしました。
0321玄関ポーチ.jpg
出来るだけスロープの角度も緩くして
歩きやすいようにしました。
中津川市宮前町での新築工事の様子です

隣接道路と工事期間が同じにならないように入れ替わりで玄関ポーチの工事が始まりました。
メインとなる入り口からはスロープに
反対側からは階段にしてあります。
0320玄関ポーチ.jpg
ブロックの下地作りから作業開始です。
中津川市宮前町での新築工事の様子です

道路よりも高くするために埋め立てと整地をしています。
場所も広く10トンダンプで搬入できるのでスムーズに進んでいます。
1214整地.jpg
天気が良い日が続いているので作業もはかどります。
中津川市宮前町での新築工事の様子です

建物を建てる前の準備段階で隣地境界にブロック積みをしました。
ハッキリとした境界がわかるので工事もやりやすくなります。
1213 bloc積み.jpg
中津川市宮前町での新築工事の様子です。

解体工事、地盤調査が無事に終わり隣地境界にブロック積みを行います。
敷地に段差があるために設計GLに合わせて低い個所を埋めるためです。
1212.jpg
埋め立てる箇所には建物は建たないのですが
しっかりと行っていきます。

外部の舗装やコンクリートの無い箇所を白い砂利で敷き詰めました。

歩くとしっかりと足音が聞こえて防犯対策にもなります。
1102外構石2.jpg玄関から良く見える箇所なので土の見えないようにしました。

今週末15日には見学会を予定していますのでよろしくお願いします。

隣地よりも土地が高く、雨水や土が流れて行ってしまう可能性が高いので
ブロック積みを行いました。
1012境界線.jpg
そうしたことではっきりと境界もわかり生活もしやすくなると感じました。

敷地は道路より1段低くなっているので
急勾配にならないようにしています。

以前からあった石を利用して土止めをして埋めて行っています。
0723外構1.jpg
これが出来れば全ての工事の終了となります。

玄関ポーチも中と同じ300角のタイルを張りました。
色合いも玄関サッシと近い色に合わせたのが正解。
落ち着いた雰囲気になっています。
0705ポーチ.jpg
高さも2段の高さを150mmと低めに抑えています。
梅雨入りして天気が悪い日が続いています。
しかし工事も止まってばかりは要られないので雨の間を狙ってのタイミングでコンクリートを施工しました。

犬走とは家の周りに打ってある出幅が90cm程度のコンクリートの事を言います。

0626犬走.jpg
次の日は雨が降る予報。
ビニールをかぶせて養生しておきます。
恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。

普段ならコンクリートで犬走りを施工する箇所ですが
施主さんのアイディアで丸い玉石を並べてみました。
こうすることで雨の水滴での土の跳ね返りを防止する効果もあります。
カバノ 置石.jpg
見た目的にも良い感じが出ています。
恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。

玄関アプローチが完成しました。
施主さん施工の飛び石。
周りの植栽と調和して良い雰囲気が出ています。
カバノ アプローチ工事1.jpg
あえて少し曲がりながら入っていく感じも良いなと感じます。
恵那峡県立自然公園内でレストラン、カフェ cabane (カバノ)を施工していきます。

全体像が把握できるようになりました。
屋根と外壁が8割位出来上がってきました。
開口部は木製建具なので一番最後の仕上げになってきます。
カバノ 全体像.jpg
仕上がりまで課題を一つずつクリアしていきたいと思います。
カーポートが完成しました。

コンクリートを施工して土間も仕上がりました。
リクシルのメーカーで統一したのでカラーも同じになっています。
大島様 外構工事6.jpg
値段的にも少し高価なものでしたが、それ相応の作りの物になっていて、高級感のあるカーポートに仕上がりました。
自分たちで施工して、値段を1割ほど下げることが出来ました。
車2台分の駐車スペースでカーポートを建てます。
片流れの屋根で、縦列駐車の形状に対応しています。

まずは柱の施工から。
4本の柱を穴を約50センチ掘って埋め込み、まっすぐ立つように仮固定します。
大島様 外構工事4.jpg
仮固定が終わったら、掘った穴にセメントを流し込み、固定します。
少量のセメントなので手で練っています。
大島様 外構工事3.jpg
無事に柱が固定されました。
大島様 外構工事5.jpg
ここまでくれば、あとの施工は組んでいくだけなので簡単だと思います。


外構工事を施工していく様子を書きます。

まずは不要な土のスキ取りをして、コンクリートが入るようにします。
大島様 外構工事1.jpg
家側には一段高くコンクリートを施工して車停めを作ります。
大島様 外構工事2.jpg
カーポートを施工するので、その準備も同時に行っていきます。
他にもアプローチの石や庭石なども同時に施工していきます。
恵那市大井町での新築工事の様子です。

左官屋さんが頑張ってくれています。

玄関ポーチの下地を作ってくれています。
大きさは2700*1500。
300四角のタイルを使うのでソツにならないように、300の倍数にしています。
これだけのスペースが屋根下になっているので使い勝手は良いと思います。
大島様 玄関ポーチ2.jpg
天候も回復してきたので、これからペースが上がっていく気がしました。
恵那市大井町での新築工事の様子です。

左官屋さんも準備段階に入ってきました。
基礎の上塗り、玄関ポーチ、沓脱石、駐車スペースの土間打ちと仕事があります。
天気都合の仕事が多いので段取りも難しくなります。
大島様 玄関ポーチ1.jpg
最近は安定しない天気が多いので、これからは良くなって欲しいと思います。
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

犬山市での新築工事の外構工事。
内装工事は11月中には終わっていましたが、外構工事は年末になんとかギリギリ間に合って工事が終了しました。

アルミフェンスは高さが約1Mを採用。
この地域は条例によって塀に関しての規制も厳しく制限されているので
それに則って施工しました。
四宮様 塀1.jpgコーナー部分が多かったので少し手間はかかりましたが上手く収める事ができました。
四宮様 塀2.jpg

愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

今まで紹介してきた内容と前後してしまいましたが上下水道の配管工事も順調に進みました。
重機で工事するにも土地の広さも十分にあったので大きな重機で作業ができ効率もよく進みました。
土地に余裕があることで残土などの置き場も出来、仕事の進み具合も効率良くなりました。
四宮様 水道配管.jpg石の多い場所でしたので大きな重機でやれたのが有難かったです。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

道路からの高低差がある所からのアプローチは階段を施工しました。
斜めの敷地をうまく利用してアプローチが出来たと思います。
四宮様 外コンクリート階段.jpg
階段から建物までの間もコンクリートを施工して通路を明確にしました。

愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

コンクリートの打設作業を行いました。
道沿いに生コン車を停めて仕事が出来たのでスムーズに進める事ができました。
犬走りの部分です。
四宮様 土間コン打ち1.jpg天候が心配されたのですが何とか持ってくれました。
四宮様 土間コン打ち2.jpg
この状態で雨が降ったら大変なことになるので助かりました。
恵那市武並町の新築工事の様子です。

天気の良い日が続いているので外構工事も順調に進んでいます。

タイトルにある犬走りとは外廻りに施工しているコンクリートのことを言います。
なぜ犬走りというのかは解りませんが、ただ犬が走りやすくなるからかなと勝手に解釈しています。
西尾様 犬走り.jpg
コンクリートを施工することで雨による土の跳ね返りや湿気を防ぐ効果があって見た目もスッキリします。
恵那市武並町の新築工事の様子です。

しばらくの間、紹介が出来なかったのですが犬山市の現場と並行して恵那市の現場も順調に進んでいます。

外構工事が本格的に進んでいます。
大工工事も終わり内装工事も進んでいますが先ずは外構工事を紹介したいと思います。

玄関ポーチから始まりました。
300mm四角のタイルを貼ることに決まったので、半端の出ないように寸法出しをして大きさを決めています。
高さは玄関の中で段差を一段つけてあるのでポーチも一段になります。
西尾様 玄関ポーチ.jpg
寒くなる前に工事を進めて行きたいと考えています。
恵那市武並町の新築工事の様子です。

恵那市の現場で使用している外壁材は窯業系サイディングです。
外壁材の中では最も一般的なものと言っても良いと思います。
ただ窯業系のサイディングの中でも色々種類があって厚みを見ても14mmの厚さから35mmが一般的に使用されています。

ただ施工性などから自分の中では16mm厚の物を使用することが多くなってます。
施工の中では14mmとの圧倒的な違いは釘打ち止めか金物止めです。
西尾様 サイディング金物.jpg
金物の穴の空いた部分にビス止めします。
このように金物引っ掛け式で止めていくので釘跡がなく仕上がりも綺麗になっています。

外構工事もあと少しで完成になってきました。
奥に見えてる駐車スペースも無事に完成して早速車も入れてもらっています。
手前のスロープも、階段もできました。
後はコンクリートをうたない部分は25mmの砕石を敷くので一段低くしています。
I様 外構 採石敷前.jpg
防草シートを敷いて砕石を敷き込みます。
ダンプで搬入するよりも普通トラックで左右と後ろに振り分けて下ろしたほうが効率が良いので
普通トラックで搬入しました。
I様 外構 採石.jpg
完成した様子はまたの機会に紹介します。
久しぶりになってしまいましたが中津川市松田地区の外構工事の様子です。

天気の良い日が続いていた時だったので順調に進んでいました。
隣地との境界のブロック工事も無事に終了したので駐車スペースにコンクリートを打設しました。
アスファルト舗装か迷ったのですが耐久性などを考えてコンクリートにしました。
駐車スペースが砕石などだと車の進入時に音などを気にしたり運転も難しくなるので
コンクリートにしておくと良いと考えています。
I様 外構 駐車スペース.jpg

5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。

天気がよくて絶好の仕事日和になりコンクリートの打設をしました。
有難い事に、この現場は車が通りぬけできるので生コン車から直接シューターという
半円のポイプ使って流し込むことが出来て効率よく作業できます。
外壁が汚れないように養生もしっかりとしています。
今井様 土間コン打ち.外1jp.jpg
一気に仕上げることは難しいので様子を見ながら何回もコテで抑えてムラが出ないようにします。
乾き具合を見ながらのタイミングなので熟練の職人さんのタイミングで見計らっています。
今井様 土間コン打ち.外2.jpg雨の心配は無かったのですが万が一のことを考えてシートで囲って置きました。
今井様 土間コン 養生.jpg出来上がりまで約3日間の予定ですのでそれまでは跡を付けないように気を付けます。
5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。

先ずは外部にコンクリートを打ち込みます。
建物と地盤の高低差が一番高いところで約45cmあるので型枠を頑丈に組み立てて行きます。
今井様 土間コン打ち.外 型.jpg
角になるところは45度に角度をつけて回るようにしました。
今井様 土間コン打外 型2.jpg
打設面積は約40㎡と一般住宅では大きめです。
型枠の入れ方で仕上げの程度が変わってきますのでしっかり固定していきます。
5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。
今井様 外構 始まり前.jpg

5月のGWに花街道付知で行われたイベント、森林の市
こちらからその時の様子が確認できます。
今井様 土間コン打ち.外 型.jpg
今井様 土間コン打外 型2.jpg
中津川市松田での新築工事が無事に終わり外構工事も引受させていただきました。
駐車スペースのコンクリート打ち、境界のブロック積み、階段、スロープと工事を進めさせてもらいます。
天気が良ければ順調に進んで約2週間。
自分も工事に参加して頑張ってやります。
I様 ブロック工事.jpg
 前回からの続きです。
生コン車を頼んで犬走のコンクリートを打設しました。
気温の低い日が続いていたので施工を迷いましたがこの日から2日間は暖かい予報でしたので工事を行いました。
I様 犬走り 打ちコン.jpg

少しでも早く乾かすために浮いてきた水分をスポンジで吸い取って乾燥を早くなるようにしています。
地道な作業ですが綺麗に仕上げるためには欠かせないことです。
I様 犬走り コンクリート押.jpg
最後に凍結防止のためにダンボール、合板、シートをかけて養生しておきます。
I様 犬走り 養生.jpg
寒い時の施工は一手間余分にかけて施工が必要です。


中津川市松田での新築工事がそろそろ佳境に入ってきました。

犬走りと言って家の外回りに打設するコンクリートの施工の様子です。
寒い日が続く中でも日中の天候が良かったので工事を進める事ができました。
I様 犬走り1.jpg
先ずは型板を入れて行きます。
I様 犬走り3.jpg                                  砕石を敷き詰めて行きます。
砕石の大き40mm程度の物を採用です。
I様 犬走り採石敷き.jpg
 これで準備が整いました。
次回のブログでコンクリートの打設の様子を書きたいと思います。
中津川市松田地区の新築工事の様子です。

外構工事が本格的に始まっています。

先日紹介した勝手口の降り口の下地ブロック作業とともに玄関ポーチの下地ブロック作業をしています。
玄関を出て幅1500mm,奥行900mmの大きさのポーチに、一段下は300mmの幅で段差をつけています。
タイルの大きさが300mmなので、その倍数の数字になるようにして大きさを決めました。
そうする事で作業の手間が少なくなって効率よく進めると考えています。
I様 玄関ポーチ 下地ブロッ.jpg

中津川市松田地区の新築工事の様子です。

勝手口に昇降階段を左官屋さんに作ってもらっています。

先ずは下地になる形作りをブロックを使って行っています。
I様 勝手口ブロック1.jpg

降り口側になる方に階段を作ります。
I様 勝手口ブロック.jpg
念入りにコテでムラを伸ばし綺麗に仕上げて行きます。
さすが職人。
そう言えるレベルの仕事をして頂きました。
i様-勝手口階段1.jpg
寒い時期なので凍結防止で毛布を掛けて養生しておいて乾燥を待ちます。

中津川市内で鉄骨造の住宅の木工事を請け負わさせて頂いてます。

ここの現場は分譲地の一区画に建てられています。
隣地との境界をはっきりさせる意味でも化粧ブロックを一段積んで
フェンスをする予定です。
家だけ立派なものを作っても外構工事をしっかりしないと良さが半減してしまうと感じます。
全体工事も着々と進んでいます。
P4110283.jpg
立派な家が完成。
でもやはり表の景色が淋しい。
DSC_0217.jpg
なので芝生を植えました。
鮮やかな緑で雰囲気が一新しました。
これはお施主さんの判断でお施主さん自身が行った工事ですが参考になりました。
外構工事の大切さを改めて知る機会となりました。
全てを考えての建築をもっと追求していきたいです。
DSC_0081.jpg



ホームページへ

最近のコメント

ウェブページ

  • blogimage