リフォームの最近のブログ記事

フローリングを施工しました。
使用した材料はリクシル社のラシッサDシリーズ
200601床張.jpg
落ち着いた雰囲気のあるフローリングですので気に入って使っています
200531床捨て張.jpg 敷居高さを合わせて捨て張完了です
出来る限り断熱材もいれるように施工しています
次はフローリング施工に進みます

先ずは畳の撤去作業からです
そして天窓の部屋につながる部屋への壁を撤去しました。
200530畳撤去.jpg
敷居の高さに床を上げるために下地を組んで捨て貼り作業 
200530床断熱.jpg
アクリアの断熱材を入れています

和室の畳をフローリングに張り替える工事です
奥に見える壁は落として増築した天窓のある場所と繋がります
200529寝室.jpg
先ずは畳の撤去から開始です
 天窓を取り付けた内観です
直射日光があたりますが西日の日差しは入らないので心地よい明るさです
200528天窓.jpg
少し話はそれますが使用している材料は全て国産ヒノキ材を使っています 
複雑な形の屋根の場所に天窓を取付しました。
瓦屋さん、板金屋さんが協力してくれ雨漏りの無いようにしてくれました
200527天窓.jpg
次は内装仕事に取り掛かります。
窓廻りが雨漏りの無いように施工説明をしっかりと読んで理解して施工しました
防水テープもしっかりと貼っています
200526天窓.jpg開閉は不可能ですが採光は充分に確保できる大きさです

建物の奥になってしまって陽が当たらない場所なので天窓を設置することの成りました。
大きさは700*700。
200524天窓.jpg
垂木間をを利用して下地を作成して取付します.
200525.jpg
既設屋根との取合は本当に気を使います。
雨漏りのリスクが高い箇所なので防水テープ、ルーフィングを駆使して防水をしています
あくまで2次防水ですので屋根でしっかりと防水をします
200524壁元.jpg

壁を撤去後に屋根部分を施工しています
屋根が複雑な形にならないようにシンプルな片流れで
屋根が複雑になればなるほど雨漏りのリスクも高くなるので
そうならないように設計しています。
200523建前.jpg
外壁の撤去作業です
モルタル壁ですので玄能で叩きながらヒビを入れてバールで起こしていきます。
200522.jpg
モルタルの裏には防湿の為にルーフィングが付いていますので
これを捲って分別して処分します
中庭になっていた部分を通路にします
荷重の場所では無いので湿気止にコンクリートを施工です
200520背筋.jpg 差し筋とワイヤーメッシュで施工しています
新しく御縁を頂き中津川地区でリフォーム工事を行います。
口コミで以前の施主さんからご紹介いただきました。
本当に有難いことで感謝です
200520.jpg この感謝の気持ちをもって一生懸命に施工させて頂きます
200502.jpg 中津川市内で物置を画像手前の場所に移動する作業です
クレーンの設置が出来ない場所ですので人力で何とかするしかありません。
まずは設置する場所をコンクリートを打設する作業から開始です。
堀コタツを残しながら上手く収めることが出来ました。
施主さんの提案で堀コタツの周りは畳を施工することに。
200501.jpg出来上がりが楽しみです
次は1階の和室をフローリングへ変更します
1部フローリング、堀コタツがあるので割り付けに注意して施工を進めていきます
200430.jpg
まずは2階の和室をフローリングへ変更しました。
リクシル社のラシッサDというフローリングを採用。
畳の高さに合わせますので下地で調整しています
200429.jpg
次の施工は1階の和室です
まずは畳の状態の画像から
200428.jpg
6帖ですが寸法も変わっていて実際は6.2帖。
フローリングの梱包数では半端になってしまい単価が上がってしまいます。
まずは撤去してスタートします
足場が高い中でも無事に完成しました。
これですべての工事が終了と言いたいのですがコロナウイルスの影響でまだ入荷未定となっている設備品があります
200425.jpg早く入荷して快適に使える日が来ることを願います
上手く振れ墨木を納めることが出来ました。
軒先の高さをそろえて雨樋も上手く回せました。
200424hisasi.jpg
掛け造りで1段高い場所になりますので足場施工をしています。
掛け造りの為にあったベランダにサンルームを設置しました。
リクシル社のサニージュを採用しています。
幅2700出幅1500とゆったりサイズになっています
200422サンルーム.jpg 
キッチン、サイド収納が付きました。
新型コロナウイルスの影響で食洗器、調理機器、吊り戸棚ダウンウォールが納入されていない状態です。
早い納入が待たれます
200421キッチン.jpg
キッチンが搬入されましたが全ての部品が納入されませんでした。
その中で入っていた書面です。
200422.jpg
関係者が最大限の努力をしていることが報道されているので理解しています。
一日も早い収束を願います
カーテンが付きました。
カーテンが付くと、いよいよ引渡し=完成だと感じます。
200419カーテン.jpg
施主さんのセンスが光る製品が沢山盛り込まれた家になって
オシャレ感が増してきました。
2本並んだカーテンレールの上部に取り付けるトップカバー。
上からの空気の出入りを防ぎ断熱性能を高める効果があります。
200419カーテンレール.jpg
こういった断熱性能を高める製品を今後は採用していきたいと思います。

階段の上り口に引き戸を設置しました。
天井までの高さのアウトセット引き戸になります
200420.jpg扉があることによって空調効果を上げる効果があります。
200420アウトセット.jpg
 引っ掛け式になっている受け金具を設置します
ここでしっかりと水平を出しておかないとTVが傾いてしまうので慎重に作業です
200419テレビ台.jpg TV本体を設置。
上手く設置することが出来ました。
200419テレビ台1.jpg
 事前に打ち合わせでTVを壁掛け仕様にと提案させてもらいましたので壁にはしっかりとした下地を入れてあります
何処に取り付けても大丈夫なように合板下地を入れておきました。
TV壁取付金具は純正品は高額ですので社外品の物を施主さんに用意して頂き取付工事を自分がします

まずは開封して部品と取り付け説明書を確認。
200417テレビ台.jpg
TV側に引っ掛け金具を取り付けました。
高さも簡単に調整できるタイプです
200417テレビ台1.jpg
次回は取付の様子を書きます

設置する場所は出来るだけ浴室に近い場所を選びました。
470Lのタンクを採用しています
200416エコ給湯器.jpg現段階ではコロナウイルスの影響で納期が未定になっていますが
何とか間に合って設置することが出来ました。
玄関庇を付けました
線を活かしたシンプルな形です
周りとのバランスも良くて雰囲気が出ています
200414玄関庇.jpg
玄関ドアの養生を撤去しました。
外壁、照明、タイルとのバランスが良く雰囲気が出ています。
玄関庇が後付けタイプですのでこれから取付をします
200413玄関ドア.jpg
この建物は道路よりも敷地が低い為に掛け造りと呼ばれる造りになっています。
その為に道路と反対側は地面から2m高くなっています。
その為に一部をベランダにして手摺を設置しました。
200411ベランダ手摺.jpg 色も窓枠と揃えて一体感を出しました。
駐車スペースの屋根部分を利用してベランダを設置しました。
4帖のスペースがあり広々としています
200410屋外ベランダ.jpg アルミ製なので腐食の心配もなく使いやすいと感じます
床材の色が白ですと汚れが目立つので施工はいつも以上に気を使って行いました。
この製品は岐阜県のお隣、愛知県瀬戸市の株式会社イクタさんの製品。
施工もしやすく汚れ傷にも強そうな製品だと思いました。
200409イクタ床材.jpg
コロナウイルスの影響でキッチンやトイレなど水廻り製品が入ってこない状態になっています
むなしくゴミ袋がおいてあります
ただ4月9日に納品できると嬉しい連絡がありましたが調理機器、食洗器はまだ納期未定。
200407.jpg
焦らず時が来るのを待つしかないという気持ちで待っています
壁紙施工、照明器具の取付工事が終わったので床養生を撤去しました。
養生を撤去しながら各所に傷が無いかをチェックしていきます。
200406床.jpg段ボール、合板で養生していたので傷もなく一安心でした
次は内装建具を建てていきます
住宅用火災警報器は消防法で義務付けられたものです
設置場所は寝室、キッチンとなっていますが
建築基準法の完了検査では寝室となり得る部屋、例えば子供部屋の洋室のような場所にも設置していまいと
検査官から突っ込みが入ります。
200405火災警報器.jpg
 画像のように煙感知と熱感知の2種類があります。
熱感知は調理機器を使う場所、キッチンに。
煙感知は寝室や居室、階段室に設置します

壁紙工事が終わって照明器具の取付工事が始まりました。
今は100%LED照明。
普及が進んで器具の価格も安価になっていますが
やはり良いものは値段もします。
200404照明器具1.jpg200404照明器具.jpg
ですが気に入ったものを付けてもらえるように予算計画もしっかりとして
アドバイスをさせてもらっています 
メルクシパイン集成材でテレビ台を造りました。
今回は扉を建具屋さんに造ってもらいます。
塗装はウレタン塗装で塗装屋さんにお願いして塗ってもらいました。
200403テレビ台.jpg 部屋との雰囲気に合わせて上手く整いました
玄関タイルを施工に左官屋さんが来てくれました。
採用したタイルは白色の100角のタイルです。
玄関、壁共に白を基調にしていますのでバランスが良くとれている物になっています。
200402玄関タイル.jpg
思いもよらない長期休み。
工場や現場で何かと助けてもらいました。
画像は一度外した手摺を復旧で取り付けている物です。
200401.jpg 外した箇所なので取付はしやすいです。
この時間を貴重な時間と捉えて普段できない事を経験してもらおうと思っています
下地、石膏ボード工事が終わって壁紙施工にかかりました
アクセントの壁などあって楽しい雰囲気が伝わる壁になりそうです
200331.jpg
今回は下地の石膏ボードに特殊な物を施工しました、
磁石の引っ付く不思議な石膏ボードです。
200330.jpg
始めて施工しましたが規格寸法で普通に石膏ボードと変わらない感じでした。
ただ値段が普通石膏ボードの約25倍と高価ですが
一枚しか使わないのであれば採用の価値あると感じます。
玄関タイルを選定してもらいました。
今回はひさしぶりに100角のタイルを施工。
玄関サッシ、外壁の色合いとの調和も考えた物を採用して施工を楽しみに待ちます
200329.jpg
トイレには手洗ユニットが付くので下地に針葉樹合板を施工して
その上に石膏ボードを施工しました。
そうする事で取付場所に融通が利くようにしました
200328.jpg
画像の場所はテレビ台を設置する壁面です
テレビは壁掛けにする予定です
壁掛け金具、エアコンを設置する際に壁にビスを打ち込むので
電気線の位置を記録しておきます
200326.jpg
石膏ボード下地を施工しています。
不陸修正の為に横胴縁を施工。
パッキンを挟んで真っ直ぐになるように通しました。
200325 壁下地.jpg
キッチン収納の下地も兼用になるたまに幅広く入れています
扉の枠材を入れて壁下地を造って行きます
リフォーム工事の場合は壁の不陸が多いので胴縁を使って下地を造って行きます
200324.jpg
ユニットバスの設置が完了しました。
有効面積を増やすべく設置後に壁を作ります
そうする事で壁の厚みを薄くして部屋の面積を少しでも広げるようにしています
200323.jpg
浴槽には高断熱浴槽を採用しています。
湯が冷めにくく省エネ製品になります。
200322.jpg 次世代住宅ポイントにも対応した商品になっています
ユニットバスのベースとなる土台部分が組まれていきます。
鉄の強固なフレームで高さ調整して進んでいきます。
200321.jpgユニットバス組立は専門業者さんが来て施工してくれています
この場所にユニットバスを設置します
床下にはセルローズの断熱材を吹き込み
鉄骨梁上と土間コンクリート部分にはスタイロ断熱材を施工しました。
200320.jpg
プラスターボードで天井を施工しました。
スムーズに進めるには
照明器具の位置をしっかりと事前に打ち合わせして決めておかないといけないので
使用する器具等は事前に打ち合わせをしてあります。
200319天井.jpg
天井壁共に仕上げはクロス。
ですのでプラスターボードを下地材で施工します。
200318天下地.jpg
30*40の材を@303で固定し、その間にも下地を入れています
仕上げのフローリングを施工しました
施工したフローリングはリクシル社のラシッサD
200317床.jpg 木目調で美しく施工もしやすい商品でした。
2階洋室の床貼り作業です
針葉樹合板を先行して捨て貼りをしてあります
200316床.jpg
この上に12㎜のフロアを施工していきます。
階段が完成して蹴込板も施工できました。
200315kaidan.jpg
このスペースはどうしてもデットスペースになってしまいますが
収納スペースとして活用します。
段板を入れています
段板の高さは200以下に抑えられるようにしています
200315.jpg床鳴りがしないようにビス、接着剤を併用して固定します
200315階段.jpg
90センチ四角のスペースで3段廻りで登っていくために
30度の角度で割り付けをします
200314.jpg今回は塗装品を採用。
床との色合わせをした材料を使用します
階段周りの石膏ボードを施工しました
画像の箇所は廻り階段部分で3段廻りになります。
200313 PB.jpg先に施工することで壁の施工がやりやすくなります
壁材を施工する前に階段手摺の下地を入れておきます。
石膏ボードに入れるアンカーも有りますが
やはり木下地が入っていたほうが強度が高いので忘れないように入れて
画像で残しておきます
200312.jpg
外壁施工にかかりました
外壁材はリクシル社の金属サイディングを採用しています
200309.jpg
以前の物はデザイン性が少なく味気ないものが多かったのですが
最近の技術の進歩で金属とは思えない色や柄が出来てきて選択肢が増えました
物自体も重量も軽いので施工がしやすくて助かります
断熱施工も終わり防水シートを施工しました。
ジョイント部のかかり部分は防水テープで止めています
200308タイベック.jpg すぐに胴縁施工して次は外壁材の施工になります
外断熱で採用しているスタイロ断熱材ですがジョイント部に隙間をあけて施工しています
何故かというとあえて隙間をあけることでウレタンフォームで埋めやすくして気密を高めていきます
下の画像が隙間をあけた断熱材
200307断熱.jpg ジョイント部分を斜めにカットしてウレタンフォームが重鎮しやすくなります200307断熱1.jpg ウレタンフォームを吹き込んで気密性を確保しています200307断熱材.jpg
リフォーム難しくなるのが断熱材を隙間なく入れていく事。
どうしても既設にキッチリ寸法を切って入れていくのは中々難しくなります
そこで採用したのが外断熱工法
既設の土壁の良さも残しながら通期工法も出来るやり方を施工していきます。
200306.jpg
予め切った断熱材を下地で押さえながら密に打っていき隙間の出ないようにしました。
200306外壁断熱材.jpg

セルローズファイバーを床断熱として施工しました。
断熱の150mm。
約7㎥を使いました。
200304セルロースファイバー.jpg
床下からの冷気を遮断できました
床下の断熱材はセルローズファイバーを施工します
まずは準備のシート施工です
200303.jpg隙間の無いようにしっかりと張り込みます。200303セルローズ.jpg次はいよいよ吹き込み作業に入ります
床はネタ打ち捨て張施工です。
土台レベルが良くなるように掛けを打って水平にしました。
200302.jpgネタを施工後は断熱材を施工です
土台の間に構造用合板を上からかぶせるように収めました。
計算では土台120㎜+ネタ45㎜-構造用合板12㎜で
1階床下空間が152㎜のスペースが出来ます。
200301軒天.jpgこの152の空間にセルロースファイバーの断熱材を吹き込んで施工します
地下から1階の床を見るとこのようになっています
床下断熱材を少しでも厚みを増やしたいので鉄骨の梁上に合板を敷き込み天井兼断熱受けにします
200229.jpg12mmの構造用合板をこのように敷きこんでいきます。
200229軒天.jpg完成画像は明日のブログで紹介します
敷地の段差を鉄骨造で水平にしてつくってある掛け造りと呼ばれる構造ですので
1階の床を壊しても地面が出てくるのではなく鉄骨構造材が見えるようになります
200228.jpg
この状態から土台を利用して軒天、断熱、床下地を施工していきます
畳を撤去して床下地を撤去しています
断熱材のスチロールを出来るだけ大きくして撤去すれば手間も少しで済むので
壊れないように木材を上手く剥がしていきます
200227.jpg
階段を撤去しました。
幅は内寸で910有りますので充分な広さが取れます
200225.jpg
ただ柱の背引きの広がりが大きいので修正しながら下地を作る必要があります。
総改修工事なので原形を留める物は殆どなくなります
階段もその一つになります
現状では勾配がきついのと配置の転換を理由にこの場所から撤去します
200224.jpg
しばらくは梯子で昇降です
掛け材を45*105材でネタ材を45*45材の303間隔で施工しました。
材種は見えない箇所でも国産ヒノキ材を使用しています。
200222.jpg
2間の真ん中6尺の所にC鋼を溶接して角パイプにした梁受け材がありました。
これを受け材として利用し45*105材を梁にします
ただ6尺間を105材で持たせるには不安がありますので後に紹介する工法で強度を高めていきます。
200221.jpg
2階の床は畳仕上げでした。
まずは畳を撤去して下地を撤去です。
下地材は90のネタ材が@455で入っていたのですが床レベルのズレが生じていました。
ですので下地材から全て撤去して新しく組みなおしていきます。
200220.jpg床撤去
窓は全て省エネ窓に取り換えるので撤去しました。
約50年ほど窓ですので内付方式です。
200219.jpg
内付方式の窓は室内側から外側の硝子を建てることは不可になっているのが特徴です
取り外した窓はガラスとアルミに分別して処分します
土壁ですので埃との格闘もありながら壁を落としていきます。
200218.jpg
落とした土は土嚢袋に入れて運び出します。
3尺の天井までの壁一枚で土嚢袋10袋出ます

天井を撤去しました。
地棟と呼ばれる構造材には鉄骨が使われています
200216-kaitai.jpg構造材は痛みが無いのでこのまま利用しながら工事を進めていきます
内部の解体作業が始まりました
全て手作業になりますので時間はかかってしまいますが
自分で壊しながら自分で作っていくので段取りは頭の中にすべて入っています
200216.jpg分別作業も細かく分けて進めていきます
無事に屋根の葺替工事が終了しました。
構造材が細身の物がメインに使ってあったので屋根は軽量のガルバリウム鋼板です。
200215.JPG
次から内装工事に取り掛かります
既設の屋根下地に新しい野地板を張り被せしました。
下地材はヒノキの12mmの無垢板です。
200214野地板.JPG厚みのある板なので、しっかりを屋根の重みを受け止めてくれます

屋根瓦を撤去しました。
下地材はしっかりとしていたのですが厚みが薄いので野地板を重ね張りにして対応します
200213 屋根撤去.JPGこの上に12mmのヒノキの野地板を施工して下地にします
足場、養生ネットを施工して屋根瓦を鋼鈑葺きにします
雪が降る前に作業を終えたいと思っていますので屋根の作業は昨年末の仕事を
これからのブログで紹介します。
200211.JPG
屋根瓦を鋼鈑葺きに変える工事を行います
昇降が楽になるだけでなく安全のためにも先行足場を施工しました
IMG_7798.jpg
次からは屋根工事にかかります

まず最初の工事は庇の撤去
その工事が無事に終了しました。 
200209.JPG 次からは足場を掛けて屋根工事に進んでいきます。
屋根工事を先行して行いますので足場が必要となってきます
そのために不要になるこの庇を撤去します
200208.JPG
ポリカの庇なので足元に注意して作業にかかります
縁あって中津川市川上地区でリフォーム工事を施工させてもらいます
工事の内容はフル改装と言っていいほど屋根から外壁、内装まですべてを手掛けていきます
施主さんに喜んでもらえるように一生懸命に頑張っていきたいと思います。
200207.JPG
工期としては45日で完成引き渡しが出来ました。
お施主さんとは17年前に母屋のリフォームをさせて頂きそれ以来のお付き合いで
今回も声をかけて頂きました。
200206.jpg これからもメンテナンス等でお世話させて頂きますのでよろしくお願いいたします
全てが無事に完成しました
限られたスペースを上手く生かして間取りが取れたと思います。
200205.jpg玄関もLDKと直結
廊下を無くすことで居住面積を増やすことが出来ました
200205玄関.jpg
部屋の広さを優先したので浴室は0.75坪と小さめを選択しました。
しかし小さめといっても浴槽、洗い場とともに1200㎜の大きさがあるので
充分な大きさになります
200204.jpg
既製品の扉になります。
最初から寸法が決まっていますのでしっかりと水平垂直に組んでいきます
左からリビング、トイレ、脱衣室となっています。
200203.jpg
部屋の用途によって扉の形を変えてあります
収納スペースを隠したいという希望でアコーディオンカーテンを付けました。
本来なら扉にするところでしたが目隠しの役目だけあればという事でしたので
取付が簡単なアコーディオンカーテンにしました。
200202.jpg解放した画像です。
アコーディオンカーテンが両端にスッキリと収まるので開放感があります
200202アコーディオン.jpg
次は洗面化粧台を取付します
まずは下の台を設置。
200201.jpg鏡を設置してコンセントの接続
下地の位置もぴったりで無事に設置しました
200201洗面.jpg
壁紙工事も無事に終わり便器の取付にかかりました。
まずは何もない状態。
この状態で電気コンセントを仕上げておきます。
200131トイレ.jpg取付完了です。
ペーパーホルダー、タオル掛け、リモコンも取付して完了しました。
200131.jpg
カーポートを設置しました。
2台分の広さ、幅4800、奥行5000、高さが2200と余裕の広さがあってワンボックス車も余裕の広さです

200130.jpg
窓も付いて無事にサンルームが設置できました。
正面は掃き出し窓、左右は中窓で網戸も付いています。
200128.jpg雨の日でも安心して物干しが出来るサンルームはおススメの商品です
サンルームを設置しています
幅は1800、出が1200とコンパクトですが充分なスペースが確保できています。
土地の大きさに合わせて事前調査通りにギリギリの大きさに収めています。
200127.jpg
内装工事も終盤に入ってきたので外構工事も進めていきます。
まずはサンルーム、カーポートを施工していきます。
材料も搬入されて準備が整いました。
200126サンルーム.jpg
ホームページへ

最近のコメント

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • blogimage