犬山市カテゴリを追加の最近のブログ記事

いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

犬山市の新築工事が昨年末に外構工事まで全て終わりました。

知らない土地で団地の中での工事。
近隣住民の方の挨拶から始まり、境界ブロック工事、基礎から建前、内装、外構と無事に終わることができました。

協力していただいた業者さんはもちろんのこと、施主さん、朝早く起きて弁当を作ってくれていた嫁さんにも感謝です。
また一つ貴重な経験をさせていただきました。
四宮様 完成.jpg
この経験をいかしてまた次のステップに活かせていきたいと思います。
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

犬山市での新築工事の外構工事。
内装工事は11月中には終わっていましたが、外構工事は年末になんとかギリギリ間に合って工事が終了しました

カーポートは施主さんの直接工事で設置。
土間コンクリートを施工しました。
上りの勾配には刷毛引き仕上げにして滑ることがないようにしてあります。
四宮様 駐車スペース.jpg真ん中を中心に裏と表に水勾配をつけ、隣地とのブロック塀の間はあえてコンクリートを施工せずに溝を作りました。
屋根したに車を保管できると霜が降りることもなく、車の塗装も傷めにくいなど車のためのメリットもたくさんあります。
カーポートの屋根の材質などにはUVカット仕様などを取り入れるとより一層効果があると考えています。
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

犬山市での新築工事の外構工事。
内装工事は11月中には終わっていましたが、外構工事は年末になんとかギリギリ間に合って工事が終了しました。

アルミフェンスは高さが約1Mを採用。
この地域は条例によって塀に関しての規制も厳しく制限されているので
それに則って施工しました。
四宮様 塀1.jpgコーナー部分が多かったので少し手間はかかりましたが上手く収める事ができました。
四宮様 塀2.jpg

いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

2階のWCに吊り戸棚の収納を設置しました。
吊り戸棚の扉は観音開き戸にすることが多いのですが、換気扇との折り合いで引き戸にしました。
扉も自社製で、今回は木目を横目に使い反り止め枠を縦に使ってみました。
四宮様 2階wc収納.jpg
無垢材の特性上、動きがあるのは仕方がないことですが
できるだけスムーズに使えるようにアイディアを絞った結果の形です。
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

ロフトのハシゴを既製品ではなく自分で作りました。
既製品ですと寸法の割付が上手くいかず使いにくくなってしまうので高さを合わせて作りました。
ロフト梯子.jpg
既製品には無い木のぬくもりが出せたと思っています。
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

2階にミニキッチンを設置しました。
ただ給湯器からの距離も遠くお湯が出るようになるまでに時間がかかってしまうことが問題になりました。
ただお湯を使う量はそんなに沢山では無くコップを洗う程度ということでしたので
収納場所を多少削ってキッチン下に収まる小型電気温水器を採用しました。

湯プラス.jpg
直ぐにお湯が出て温度もかなり高くできました。
使う場所によっては効果の高い製品と実感しました。
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

太陽光発電の状態が目で見えるようになっています。
前に紹介したパワコンの横から発信機がついていて電波で発信しています。
室内のコンセントを差し込める場所であればどこでも置いておけます。
太陽光エコガイド.jpg
これを見ていて思ったのが、太陽光発電ではなくても消費電力を見えるようにしておけば
節電にも気を付けるようになって良いのになと思いました。
数字になって現れることは実感できて楽しくなるなとも思いました。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

外部からも出入りできるように外階段を設置しました。
四宮様 外階段完成.jpg
材質はアルミ製でリクシル社の物。
サッシと同一メーカーなので色も揃って統一感があります。笠木、手摺も同社製です。
キッチンやユニットバスなどもリクシル社を採用することが多く、自分のお気に入りのメーカーの一つです。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

バック収納は施主さんの手持ちの物を使われるということでしたので
中間にも何か物を置けるように棚板を設置しました。
四宮様 レンジ棚.jpg
今回は棚板を固定するL型の受け材を購入して始めて採用したんですが
強度も十分で見た目も綺麗でした。
ビス穴も気になるかなと心配でしたが気になりませんでした。
何より木で作ってあるので棚板との相性もピッタリで、これからも採用していきたい物でした。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

対面式キッチンの上には吊り戸棚用の壁を設置するのを止めてキッチンの後ろ側に設置しました
キッチンの上に設置すると、どうしても圧迫感を感じてしまうので出来るだけ壁を付けたくないなと考えています。
四宮様 吊り戸棚.jpgあえてキッチンだけは扉の色を変えることを提案させてもらうことが多いです。
そうする事で独立性の高い空間が出来るのではと考えがあるからです。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

デットスペースを活用するために冷蔵庫の上の空間に棚板を設置しました。
踏み台が必要になるのは必然的なのですが何も無いよりかは良いと思います。
四宮様 レ蔵庫上収納.jpg毎回注意していることなんですが、このように棚板を設置する場合は下地の補強は必要になります。
設計段階での打ち合わせでどこまで頭の中で完成させて提案させてもらえるか。
そのことを常に考えて作って行きたいと考えています。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。


日本の場合、家庭用に供給されている電力は通常100Vの交流電圧となっているため、当然、家電製品もそれを前提に設計されており、ここに電圧や電流の不安定な電気が流れてきたら家電製品にも悪影響を与えてしまう。そこで、ランダムな電圧と量で入力されてくる電気を、安定した出力にできるように調整するのがパワーコンディショナーである。言わば発電機の管理者的役割を果たしていると言える。
四宮様 太陽光パワコン.jpgただなんとなくパワコンと言って理解していたのですが、紹介することでしっかりと調べてみました。
パワーコントロールだからパワコンだと勘違いしてました。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

電気の配電盤も一昔前と比べるとコンパクトのなって収まりもよくなったと思います。
左にある大きなブレーカーは太陽光用の物。
メインが独立して一箇所あり、後は回路ごとに16個に分けてあります。
四宮様 分電盤.jpgオール電化住宅のために回路数は多くなるのですが、最近は細かく分けるようになっているので
ブレーカーが落ちるという話はあまり聞かなくなりました。
どこの回路かわからないのでしっかりと場所の名前を書いてあります。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

タイルカーペットの施工途中ですが写真を撮ってみました。
最初の予定では化粧合板仕上げの予定でしたが
続いている洋室とのバランスが悪くなってしまうので天壁とも同じクロス貼りにしました。
四宮様 ロフト.jpg
ロフトに関しては法的に色々な制限があるので全てをクリアさせるために設計段階から慎重に検討してきました。
そのおかげで無事に完了検査を受けることができました。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

玄関横に壁厚のスペースを利用して飾棚を作りました。
ほんの少しのスペースですがアクセントになって一輪挿し等を置くことで来人を暖かく迎えられそうです。
四宮様 玄関飾棚.jpg建築途中のアイディアでしたが耐力壁ではなかったので施工できることができました。
自分の中でも設計段階で提案できたことであったので
もう少し頭を柔軟に使った設計を出来るようにしたいと思いました。
ほんの少しのことですが大きな成果が出せたと感じます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

今回の設置の目的は配膳スペースの確保とPCのモデム等のスペースを確保。
そのためにコンセント、LAN配線をカウンター上に設置してあります。
四宮様 対面式カウンター.jpg
高さも下にテーブルが入る高さに設定しているのでテーブルの上でのPC作業ができるようにと施主さんの設計です。
無垢の集成材を利用しているので、オスモ塗装で仕上げて保護してあります。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

2階の床材にはフローリングを使わずにタイルカーペットを使いました。

下地材は構造用合板24mmを建前の時に施工した物を使っていきます。
壁紙、室内清掃の最後に敷き詰めました。
四宮様 2階カーペット前.jpg
縦横の順、千鳥柄になるようにしています。
四宮様 2階カーペット1.jpg
タイルカーペットのメリットは施工が早く値段も安価で抑えられること。
後の交換も容易にできるのですが、やはりフローリングと比べると耐久性は劣ります。
四宮様 2階カーペット.jpgフローリングとタイルカーペットを場所によって使い分けることでバランスの取れた作りになると考えています。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

作り付けの下駄箱を採用しました。
既製品を採用しようかと考えていましたが寸法が合う物がなかったので作り付けの物にしました。
奥の壁は2階からの配管スペースになっているので収納スペースが狭くなってしまったのも作り付けを採用した要因です。
四宮様 下足入.jpg
中は可動棚で自由に動くようにしてあるので靴以外の物も収納できるようになります。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

今まで紹介してきた内容と前後してしまいましたが上下水道の配管工事も順調に進みました。
重機で工事するにも土地の広さも十分にあったので大きな重機で作業ができ効率もよく進みました。
土地に余裕があることで残土などの置き場も出来、仕事の進み具合も効率良くなりました。
四宮様 水道配管.jpg石の多い場所でしたので大きな重機でやれたのが有難かったです。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

道路からの高低差がある所からのアプローチは階段を施工しました。
斜めの敷地をうまく利用してアプローチが出来たと思います。
四宮様 外コンクリート階段.jpg
階段から建物までの間もコンクリートを施工して通路を明確にしました。

愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

ガーデンブロックを施工して庭と畑をはっきりと分けるようにしました。
あまり高くしてしまうと行き来がしにくくなるので土が超えてこない程度の高さ10cm程度に考えて施工しました。

四宮様 ガーデンブロック2.jpg当たり前ですが、ただ積むだけでは倒れたりしてしまうのでコンクリートベースに固定して倒れないようにしてあります。
四宮様 ガーデンブロック.jpg
少し掘るだけでも石がたくさん出てきて施工に予想以上の時間がかかってしまったのですが
無事に出来ることができました。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。


下足入れや内部収納は既製品を使わない扉は自社施工で作ります。
ですので無垢の積層材を使って作るので表面保護の意味も込めて塗装をします。

何回かこの場所でも紹介させてもらっている物ですが、自分は好んでこの塗料を使います。
それはオスモ塗料です。
植物性油を原料とした体に優しいF☆☆☆☆規格品です。

四宮様 オスモ塗装.jpg施工もしやすく仕上がりも美しくなります。
ただ値段が高いのがネックなのですが、施工可能面積を考えあれば割安感もあるかなと思います。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

コンクリートの打設作業を行いました。
道沿いに生コン車を停めて仕事が出来たのでスムーズに進める事ができました。
犬走りの部分です。
四宮様 土間コン打ち1.jpg天候が心配されたのですが何とか持ってくれました。
四宮様 土間コン打ち2.jpg
この状態で雨が降ったら大変なことになるので助かりました。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。
四宮様 土間打準備.jpg
基礎からも鉄筋を入れて離れるのを防止します。
下準備を念入りに行ってコンクリートを施工します。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

初めての試みの電気自動車充電専用コンセント。
駐車スペースのとなりに取り付けました。
勉強不足でどのように対応していいか分からず電気屋さんに教えて頂き対応させていただきました。
家庭用の電気契約で引き込めるのどうか分からなくて教えて頂きました。
四宮様 200Vコンセント.jpg
これからはこのような環境に配慮した物についての対応もしっかり出来るようにしていきたいと思います。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

南側の陽当りの良い場所にアルミテラスを取り付けました。
サッシと同じ色にしてバランスを考慮しました。
四宮様 屋外テラス.jpg
屋根の色を薄いブロンズにして光の進入を妨げすぎないようにしています。
物干し竿を掛けれるようにオプション部材もつけています。
県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

今までは中々引き込み工事の時に現場に居ることは無かったのですが
今回は立ち会うことが出来たので、しばらく眺めてました。

高所作業車を2台使って道を通行止めにして約2時間位で終わってました。
ガードマンも3人配置して万全の体制でした。
四宮様 電気引き込み.jpg
若い職人さんが親方さんの指導を受けながらやっていて、自分の時もあんな風だったなと感じました。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

キッチンの取り付けが完了しました。
今回もI型の対面式のキッチンです。
幅は2550mmと最もスタンダードなサイズでIHコンロを採用しています。
収納重視なので食洗機を使わずに引出しタイプにしています。
四宮様 キッチン2.jpg
換気扇もシロッコファンタイプの換気扇です。
四宮様 キッチン1.jpg
周りにはキッチンパネルを貼って壁の汚れも付きにくくしてあります。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

ベランダの壁にアクセントをつけるために既製品のアルミ枠を取り付けました。
こうする事でベランダ自体も広く感じ外観の見た目も良くなります。

四宮様 ベランダ開口.jpg
一つ手間を加えていくことで仕上がりの感じがかなり良くなって行くなと感じています。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

ベランダの笠木を取り付けました。
ベランダ手すりの高さは建築基準法で1100mmと決められています。
今回は壁の高さで1100mmで設定したので笠木は握りパイプの無いシンプルなタイプを使用しました。

四宮様 ベランダ笠木.jpgベランダからは閑静な住宅街がみえて、景観を崩さない仕上がりを心がけています。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

エコキュートの設置工事を行っています。
今回は370Lタイプを使用です。
搬入を設置の日と同じになるように調整していたので、天候が心配でしたが願い通りの天気になってくれて一安心。
タンクの重量が約60kgと一人では心配な重さだったので水道屋さんのサポートに回りました。
四宮様 エコキュート.jpg
以前はエコキュートの補助金があったのですが、申し込みが多数で予算が追いつかないので一昨年度より中止になったそうです。
恵那市武並町での新築工事の様子です。

現場での作業も大詰めになってきました。

養生のダンボールも撤去して床材も見えるようになり、最後の職人さんの仕事に入ってきました。
自分の仕事では畳屋さんが最後に入ってもらうことが恒例になっています。
ですので畳屋さんが現場に来てもらうといよいよ最後になってきたなと感じます。
西尾様 畳 寸法1.jpg
レーザーで基準墨を出して測っていきます。
西尾様 畳寸法2.jpg
どんな仕事にも便利な機械があるなと思いました。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

玄関タイルを施工しています。
犬山市の現場は2階にも玄関があるので先ずは2階から。
300mm四角の大きめのタイルを半端の無い様に割付を行い敷き詰めました。
四宮様 2階タイル.jpg
自分の中では小さいタイルよりも大きめのタイルがお気に入りです。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

キッチンの搬入を終えました。
この現場は幅2500mmのキッチンで吊り戸棚も付くために梱包がいつもよりも多いです。
部屋の真ん中に置いたのですぐにとりつけにかかりたいと考えています。
毎回書いているのですが自社施工のために自分のタイミングで取り付けることが出来るので助かっています。
四宮様 キッチン搬入.jpg
キッチンを搬入すると完成が近づいて来ているなと感じます。

愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

壁貼りも一段落しキッチン取り付けの準備にかかります。
キッチン周りには決まりのキッチンパネルを施工していきます。
一枚あたりの値段も高価なので見える所だけ貼っていくのが一般的です。
四宮様 キッチンパネル.jpg
汚れや水に強く掃除もしやすい。メリットが沢山ある材料です。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

天井も出来て壁貼り作業に入っていきます。
PBが搬入されています。
枚数は50枚。余ってしまうのも困るので少し少なめに頼んでいます。
四宮様 PB搬入.jpgキッチン周りなど順番に済ませていきます。
PBも3*8板なので繋ぎ目が少なく済み、クロスを貼る時にパテ処理の手間も省けるメリットがあります。
四宮様 壁貼り.jpg電気の穴あけも早めにやってもらっています。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

建前から約一ヶ月。工程よりも少し遅れてしまいましたが足場が撤去されました。
どの現場でもそうなんですが、この時が仕事をしていて少し安心できる時です。
外観全体が見えるようになり、敷地の感覚も足場がなくなったことで広く使えるようになりました。
四宮様 足場撤去.jpg
これから本格的な外構工事に入っていきます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

外部の最終工事、雨樋工事が終了しました。
屋根が片流れのため排水量も多いので大きめの雨樋を採用してます。
IMG_0811.jpg
ベランダからの排水も縦樋に入れています。
四宮様 縦トイ.jpg
これで足場の必要な工事が全て終了したので足場を撤去できます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

玄関の土間とホールの床の高さの段差は約360mm。
一般的に住宅で言われてる段差の上降は210mmと言われていて今では低くなってきています。
階段なども210mm以内で抑えるように考えて設計することが多いです。

ですので一段段差をつけて小縁を作成しました。
真ん中の寸法で180mmの高さで作りました。
今回は一枚板を使わずにフローリングで揃えて見ました。
四宮様 小縁.jpg
框でヒノキを使っています。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

床下でのトラブルが多いのは床鳴りがするが一番かなと考えていますが
それ以上に一番困るのは給排水のトラブルです。
そんな万が一のトラブルに備えて床下点検口を水回りの近くの邪魔にならないところに作りました。
四宮様 床下点検口.jpg
普段は使うことがないので一番近くの押入れや納戸などの収納スペースに作るのが理想だと考えています。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

天井作業も一区切りして仕上げ床貼り作業に入りました。
基本は針葉樹合板を貼り仕上げ床は天井を貼ってからします。
天井作業は脚立を何度も移動したり道具などを落としたりして傷をつけてしまう可能性が高いのでそのようにしてます。
四宮様 床貼.jpg床貼り作業後にはダンボールなどを使って養生をしていきます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。


石膏ボードで天井を施工しています。
石膏ボードの重みは一枚約10kg。何枚も合わさればかなりの重量となってくるのでビスでの施工が必要と考えています。
一人で上を向いての作業は大変ですが、少しの工夫で施工をやりやすくしています。
四宮様 天井工事.jpg天井が貼れたら床貼り作業に入っていきます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

外部工事も一段落して内装工事に入ってきました。
天井工事から始まっています。
今回は久しぶりに2階にロフトを作っていますので勾配天井にしています。

ロフトの天井は法律上1400mm以下に抑えないと床面積に算定されてしまうので高さに気を付けて施工しています。
他にも階の面積の関係など色々と制限されることがあるので注意しながらの施工です。
四宮様 ロフト天井.jpg
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

太陽光パネルが設置されました。
一昨年の42円買取の時に比べて値段も落ち着き施工業者さんも動きやすくなったと言っていました。
補助金もその頃よりもだいぶ減額されて少なくはなりましたが、商品自体もだいぶ安くなった気がします。
四宮様 太陽光設置.jpg
南側に片流れにしたことで接地面積も多くなり6KW相当のパネルが設置できました。

愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

屋根工事が終わり太陽光パネルの設置工事が始まりました。
屋根に設置可能な面積分、6KW相当の発電量分のパネルを設置します。
四宮様 太陽光運搬.jpg
足場の設置してある内に施工することで仕事もやりやすくなるので早めの施工にしました。
四宮様 太陽光工事.jpg
薄く軽くなり施工もしやすくなっているとの事でした。
次回に設置した様子を書きます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

先週の工事の様子なので台風の来る前に形にはしておきたかったので外壁屋さんに頑張っていいただきました。
内装工事も順調に進んでいますので、雨水の侵入だけは許されない状況。
透湿シートに防水テープを貼ってしっかりと止めているので大丈夫だとは思っていましたが
やはり固めて欲しかった気持ちを組んでいただきました。
四宮様 外壁作業1.jpg
外階段部分は残りましたが住居部分は固めていただきました。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

外壁下地完了の次の日から外壁作業に取り掛かりました。
今回は工期的に大工仕事に専念するために外注で行います。

南北、東西と材を分けて貼っていきます。
先ずは南面の壁から施工してもらっています。
台風の影響でネットを貼るのを止めていますので外壁作業の状態が判りやすいです。

四宮様 外壁作業.jpg
週末ごとにやってくる台風の影響が心配な日が続いています。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

外壁下地の完成です。
通気工法にするために16mm厚の材を縦打ちにして軒裏に有効のケイカル板(穴あき)を使って
下から上に空気が抜ける通気層を作りました。
こうする事で結露の防止等プラスになることが沢山あると考えています。
四宮様 外壁下地.jpg
台風情報に気を遣いながら作業する日が続いています。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

今回は自信初の試みで外に階段を取り付けて二階にも玄関を作る設計です。
よって階段の勾配に合わせて壁を作る作業に取り掛かりました。
四宮様 外階段2.jpg
階段はアルミ階段を足場の撤去後に取り付け予定です。
図面に書いた通りにうまく壁が収まりました。
四宮様 外階段.jpg
後は下地を作り仕上げの外壁材を打ちます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

ベランダの防水工事が終了しました。
防水にも色々な種類がありますが一般的に住宅のベランダに多く使われているのがFRP防水です。
船の素材にも多く使われていて腐食にも強いと言われています。

四宮様 防水1.jpg
台風の多いシーズンですので対策として外部を早めに進めて行きたいと思っています。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

屋根工事が完成しました。
今回は片流れの屋根で勾配は2寸勾配。角度で言うと約10度位です。
瓦の最小勾配は3寸5分。瓦の使用は無理でしたので鋼板縦葺きにしました。
四宮様 屋根完成.jpg
夕方から雨予報でしたが、雨が降る前には全て終わることが出来ました。
台風の心配もありますので早めに施工していただき助かりました。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

建前から約一週間で中間検査がありました。
岐阜県では確認申請の認可が降りて完成後の完了検査という流れですが
愛知県では屋根完成時、内装工事に取り掛かる前の段階で中間検査があります。

図面通りに出来ているかや筋交いの配置、金物の施工など細かくチェックしてもらいます。
,四宮様 金物検査1.jpg
場所によって金物の種類も違うので間違えないように施工しています。
四宮様 金物検査2.jpg
今回は外周に構造用合板を施工したので筋交いの数は少なくて済みました。
数少ない筋交いにも金物施工が必須になります。
四宮様 金物検査3.jpg
検査と名前の付く物は何度やっても慣れなくて苦手ですが、指摘されることも無く無事に終わりました。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

建前の二日目になんとか戸締りができるようになったらと予定をたてていたのですが
進み具合を見ている中でも微妙な状態。
無理して進めなくても大丈夫かなと思っていたのですが応援の方々の頑張りで2日目の夕方に全て収める事ができました。
四宮様 紙貼.jpg
日が短くなってきたのを実感できる季節になってきました。


愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

建前2日目も快晴の中で仕事が出来ました。
間柱や窓台などの羽柄材は工場で加工しておいたお陰で、現場作業がはかどっています。
構造用合板も工場で加工しておきました。
四宮様 建前構造用合板.jpg
サッシの搬入も同時に済ませ外廻りを優先に進める準備が出来てきました。
IMG_0625.jpg

愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

台風16号の影響で一日延期になった建前作業ですが、延期になった事で準備も入念に行うことができました。

快晴とまでは行かないにも、日差しも強くなく丁度良い天気になりました。
四宮様 建前3.jpg
クレーンのオペレーターも含め全部で8人での作業。
年齢も30代がほとんどで若手が多く少数精鋭で進めています。
午前中には構造材がほとんど組み上がりました。
四宮様 建前2.jpg
中々写真を撮る暇がなくて終了前の片付けの時間にやっと写真が撮れました。
頑張って頂いて屋根の下地まで出来ました。
四宮様 建前.jpg
もう少し作業をして終了しました。怪我や事故もなく無事に一日目が終了しました。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

建前作業を今月の25日に予定していたのですが台風の心配があったので仕方がなく一日延期することに。
ですので現場加工する予定だった材料を工場で加工することにしました。

時間がなかったので現場でやろうとしていた事だったんですが、一日空いたことで工場での加工ができました。
工場で加工することにはメリットがたくさんあります。
運搬量、廃材の型付けの手間、近所への騒音等の減少などメリットが多いのですが
現場合わせの加工ではないのでリスクは多少なりともあります。
四宮様 建前準備.jpg
リスクといっても今はCADで原寸を出すことができるので低いのですが間違わないように慎重になって加工します。
恵の雨になったと思えるような行動になればと感じています。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

基礎工事も無事に終わり本格的に木工事の工程に入ってきました。

運搬後に土台伏せ作業を行いました。
快晴の下での作業は久しぶりで暑さを感じながらの作業です。
土台を場所に配置しています。
四宮様 土台伏せ2.jpg
夕方には形になりました。
時間に追われていたので途中の工程の写真の撮影を忘れてしまってました。
四宮様 土台伏せ1.jpg
いよいよ建前の日が迫ってきました。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

基礎工事も無事に終わり本格的に木工事の工程に入ってきました。
地元のプレカット工場で加工した材料を運搬しています。
ユニック車ですので労力を消費が少なく運搬ができます。
四宮様 材料運搬.jpg
自分が仕事を始めた頃は手下しがほとんどだったので、それと比べたら今は楽になったなと感じています。
立てる順番を考慮しながら下ろさないと後で苦労するので、確認しながらの作業をしています。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

基礎工事が完成しました。
9月に入ってから安定した天気も続いて予定通りに第一段階が終わりました。
遠路でも付知からいつもお世話になっている職人さんが快く来てくれて助かりました。
四宮様 基礎完成.jpg
次の段階からは、いよいよ木工事の段階に入っていきます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

基礎工事の土間コン打ちが無事に終わり、立上り基礎部分のコンクリート工事が始まっています。
一昔前までは基礎の型枠はコンパネで組んでいたのが、今ではほぼ100%メタルパネルを使った仕事です。
ロスも少なく繰り返し使えるのも特徴です。
四宮様 基礎立上り1.jpg
四宮様 基礎立上2.jpg
約5日間の養生期間を置いて外していきます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

基礎工事が始まりました。
外の仕事は天候に左右されることが多く工程を組むのにも悩みながらも余裕を見て計画を立てることが多いです。
ですが今回は天候に左右されることなく予定よりも早く進んでいますのでありがたく感じています。

開始から4日後にはこのような状態になりました。

四宮様 配筋2.jpg配筋検査も無事に終わり次はコンクリートの打設に取り掛かります。
四宮様 配筋1.jpg

犬山市での新築工事の様子です。
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

外構工事の始まりで道路境界線にブロックを積むと同時にアプローチの階段を作ってもらいました。
最後の工程で仕上げるので荒仕上げの状態です。
四宮様 ブロック階段.jpg
ここまで出来てようやく基礎工事にかかって行けます。
愛知県犬山市で新しく工事が始まりました
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

先ずは道路との境界をはっきりさせてブロックを積みました。
こうすることで敷地を工事中も有効に使えて基礎工事中に出る残土で埋め立てが出来ます。
四宮様 ブロック積.jpg四宮様 ブロック積1.jpg
勾配になっているので多少の手間が掛かっていますが上手く真っ直ぐ積まれています。
信頼できる地元の業者さんを頼んで正解でした。
これで安心して基礎工事に掛かっていけます。

愛知県犬山市で新しく工事が始まります。
いつもお世話になっている地元の(株)三浦鐵工さんより紹介いただいた工事です。

先ずは現場の確認のために足を運びました。
付知からだと車で70分ほどの距離で着ける場所です。
四宮様 現調1.jpg
閑静な住宅街のイメージを受けました。
場所も角地で道路も広くて地盤補強も必要の無い場所です。
四宮様 現調.jpg
近所への挨拶回りも済ませていよいよ工事に掛かっていきます。
無事に済ませるように気を引き締めて取り掛かります。
ホームページへ

最近のコメント

ウェブページ

  • blogimage