NEWS

完成見学会のお知らせです 中津川市付知町の新築工事 (2016年9月28日)

ブログの方では施工の様子を紹介してきました付知町の新築工事現場。

完成の目途が立ち施主さんのご厚意で完成見学会を開催する事になりました。

0929 見学会チラシ.jpg

開催日時は2016年10月15日(土) 10時から20時まで

暗くなってからの家のイメージを見て貰いたいと思い夜まで開催です。

 

見学場所です。

0929-現場地図.jpg

付知中学校正門前になります。

アンケートの記入等はありませんのでお気軽に足を運んでください。

ただ良い物を見て貰いたいという思いで開催をいたしますのでよろしくお願いします。

完成見学会のお知らせです 中津川市付知町の新築工事を詳しく見る

完成見学会のお知らせ (2015年10月 5日)

終了しました。次回もよろしくお願いします。

 

5月に上棟式を行いました恵那市大井町の新築工事の現場完成見学会を施主様の御好意により開催することになりました。

しかし当社は個人事業であり一人での対応ですので完全予約制、一日6組、1時間を目処に対応させて頂きます。

本来ならば大勢の方に足を運んでいただきたいのですが、ご理解の程よろしくお願いします。

定数に達しましたので予約受付終了になりました。

ありがとうございました。

開催日  2015年10月4日(日)

時間 9時~ 予約済

   10時~ 予約済

    11時~ 予約済 

   13時~ 予約済

   14時~ 予約済

   15時~ 予約済

場所 恵那市大井町 問い合わせされた方に詳しく案内します

問い合わせ先 090-3441-6584 (8時から20時の間でお願いします)

当方、現場仕事が主で出先が多いため携帯電話のみの受付になります

o様 外観1.jpg

工事の様子はブログhttp://www.kitaharakenchiku.com/blog/でも紹介していますのでご覧ください。

セルローズ断熱材を使った夏に涼しく、冬に暖かい家 

全室 樹脂サッシ LOW-Eガラス

無垢の床材、桧の腰板、造り付け収納家具、岐阜県産材構造材

その他、こだわりがたくさん詰まった住宅ですので是非お問合せ下さい。

ご来場いただいたお客様には、無理な訪問営業、電話での勧誘等は一切行うつもりはありません。

ただ個人でも頑張ってやっている事を理解してもらえれば、それで良いと考えています。

完成見学会のお知らせを詳しく見る

稲沢市で新築住宅施工状況 (2014年12月 1日)

 

愛知県稲沢市で木造洋風住宅を施工させて頂くことが決定しました。

今回の建物は設計は別の設計事務所さんが行い当社では施工を施主様から直接請け負わせて頂きました。
24坪の総二階でベランダ付き。現在のお住まいの敷地内に造ります。

進み具合などはhttp://www.kitaharakenchiku.com/blog/t/のブログで確認が出来ます。

黒を基調に落ち着いた雰囲気の住宅になりました。
P2110267.jpg玄関ポーチには300角のタイルを施工しました。
P2110266.jpg

壁紙工事が終了です。

P1200258.jpg

IMG_0065[1].jpg

階段も美しく仕上がりました。

IMG_0066[1].jpg

 

架設足場を撤去しました。P1200261.jpg

外構工事が始まります。P1200263.jpg

内装工事の様子です。

IMG_0024[1].jpg

PC230199.jpg

PC230203.jpg階段施工中

PC280219.jpg

外部施工中

サッシを入れて透湿シートを貼り外壁材の施工です。

外壁材は0.4mm厚の8山のガルバリウム鋼板を施工しています。

 

PC230198.jpg

屋根施工の様子です。
瓦屋さんがタワーを組んで瓦を上げます。
稲沢市では冬の寒さよりも夏の暑さを考慮してフクビ社の遮熱ルーフエアテックスを採用しました。
これを使うことで屋根の下地材のウラ面の温度をアスファルトルーフィングより6~8度することができます。
過去何度か使用していますが、夏の炎天下の屋根の下地材を実際に触って
熱くなっていないことを何度か確認して実感しました。もちろん室内温度にも影響してきます。
屋根裏の断熱材と合わせることでかなりの効果が得られます。

DSC_0193.jpg

 

 

DSC_0212.jpg

建て方が終了した次の日の天気は
なんと雪でした。約20センチ積もりました。

DSC_0202.jpg

快晴のもと、建て方工事が進みます。

DSC_0181.jpg

 

基礎工事が終わり材料搬入

P1030283.jpg土台伏せ工事です
お施主さんも監督として見守ってくれています。P1030290.jpg

土台伏せ工事完了です。
土台は檜の120角を使用 基礎の幅は150mmです。P1030291.jpg

稲沢市で新築住宅施工状況 を詳しく見る

出窓下の収納リフォーム (2013年2月 2日)

収納リフォームの報告です。

せっかく出窓の下に収納があるのになにか使い勝手が悪い

家族も増えて子供服やおもちゃなどを収納するスペースが欲しい

tana2.jpg

この空間は活かせると考えて施工に取り掛かりました。

tana1.jpgのサムネール画像

画像左には洋服タンス

出窓下の左右にはボックス収納、間に挟まれて靴下や下着を入れる引出し収納を9箇所作りました。

全体の幅は3600mm

タンス部分は900mm出窓部分は2700mm奥行は500mm

収納力は以前の何倍にもなり見た目も明るくなりました。

無垢の材料を使うことによって体にも優しい空間が出来上がりました。

工期は約3日、金額は約18万円かかりました。

tana4.jpg

出窓下の収納リフォームを詳しく見る

作り付け家具 (2012年11月28日)

PA080127.jpg

壁の中に食器棚を埋め込みました。
こうすれば地震に対して転倒防止にもなりますし見た目もスッキリです。
設計の段階でしっかりとした打ち合わせをしてあるからこそできることです。

 

DSC_0159.jpg

洗面脱衣室に収納棚を作り付けしました。

洗面脱衣室は結構収納に苦労されてる方が多いとおもいますがこうすればかなりの収納力アップです。

下の空間は洗濯カゴを入れるスペースをつくり脱いだものを簡単に入れれるようにしてあります。

作り付け家具を詳しく見る

床リフォーム (2012年11月27日)

改造前-002.jpg

床自体の痛みもなく下地もしっかりしていましたが、デザインに少し飽きがきたと感じていたために床の張替え作業をしました
既設の床の上に重ね張り合わせる形の工事だったので朝から15時くらいまでに工事は完了でした。
今までの合板仕様の床材から無垢材の花凛の床材に。
重厚感がでて満足していただきました。
費用は部屋の大きさは12畳でしたので約16万円でした。
無垢材の中でも花凛の床材は高価な部類になります。 
 

花梨 床材-003.jpg

床の張替え作業にかかわらず部屋のリフォームなどには今使用している家具や家電製品の移動が必要となってきます。
1人では移動が困難な時はそのままにしておいて頂ければ移動して行いますので大丈夫です。
食器の移動などは事前に済ませておけば工事はスムーズに進みます。

床リフォームを詳しく見る

洋風建築事例 (2012年11月26日)

 

DSC_0118.jpg

外壁には濃い色と薄い色の二色のサイディングを使用してアクセントを付けています。
ベランダには庇をつけて雨の日でも洗濯物が干せるようにしてあります。
主要なサッシは台風や寒季の時に対応ができるようにシャッター仕様にしました。

P1010272.jpg

白い壁と黒い床。建具も黒で揃えてアクセントをつけました。

洋風建築事例を詳しく見る

北原建築のコンセプト (2012年10月11日)

北原建築のコンセプト

私が提案したいのは6帖の部屋を6帖のまま使える部屋にしたいと思うことです。せっかく新しく手に入れた家屋が収納スペースが無く家具を沢山置いて収納スペースを確保するのでは居住空間が狭くなり窮屈な生活を強いられる事になります。そんな限られたスペースを有効利用して物を置かなくて広々と使えるように提案させていただきます。

東濃ひのきの美林

私の住む中津川市付知町は伊勢神宮の御用材を産出する神宮備林あり20年に一度の式年遷宮があります。
そんな自然豊かな森林から産出された木材を使い建てた住宅はシックハウスなど無縁の生活で健康的で木の香りで包まれた
生活が後れます。

北原建築のコンセプトを詳しく見る

木造住宅の北原建築 (2012年10月11日)

中津川市付知町の北原建築では東濃ひのきを始め地元で伐採した木材をふんだんに使用した木造住宅の提案をしております。

断熱材には セルロースファイバー を使用し 冬暖かくて夏は涼しい 快適な生活を約束します。

杉板張壁

天井  PB下地クロス張り   壁  PB下地クロス キッチン周り キッチンパネル 腰板 H=900 源平杉 

床材 床暖房対応フロア    窓 トステム シンフォニー樹脂サッシ

カウンター材 楢無垢材60mm厚

キッチン 80万円 画像の部屋の施工費は約300万円(キッチン別)かかりました。

 

システムキッチン IH 食器洗機

 

 

 

既製品の対面キッチンよりも 情 と 温 があふれています。

木造住宅の北原建築を詳しく見る

木造住宅に関する事はお気軽にお問い合わせ下さい
TEL FAX 0573-82-3751