稲沢市で新築住宅施工状況

 

愛知県稲沢市で木造洋風住宅を施工させて頂くことが決定しました。

今回の建物は設計は別の設計事務所さんが行い当社では施工を施主様から直接請け負わせて頂きました。
24坪の総二階でベランダ付き。現在のお住まいの敷地内に造ります。

進み具合などはhttp://www.kitaharakenchiku.com/blog/t/のブログで確認が出来ます。

黒を基調に落ち着いた雰囲気の住宅になりました。
P2110267.jpg玄関ポーチには300角のタイルを施工しました。
P2110266.jpg

壁紙工事が終了です。

P1200258.jpg

IMG_0065[1].jpg

階段も美しく仕上がりました。

IMG_0066[1].jpg

 

架設足場を撤去しました。P1200261.jpg

外構工事が始まります。P1200263.jpg

内装工事の様子です。

IMG_0024[1].jpg

PC230199.jpg

PC230203.jpg階段施工中

PC280219.jpg

外部施工中

サッシを入れて透湿シートを貼り外壁材の施工です。

外壁材は0.4mm厚の8山のガルバリウム鋼板を施工しています。

 

PC230198.jpg

屋根施工の様子です。
瓦屋さんがタワーを組んで瓦を上げます。
稲沢市では冬の寒さよりも夏の暑さを考慮してフクビ社の遮熱ルーフエアテックスを採用しました。
これを使うことで屋根の下地材のウラ面の温度をアスファルトルーフィングより6~8度することができます。
過去何度か使用していますが、夏の炎天下の屋根の下地材を実際に触って
熱くなっていないことを何度か確認して実感しました。もちろん室内温度にも影響してきます。
屋根裏の断熱材と合わせることでかなりの効果が得られます。

DSC_0193.jpg

 

 

DSC_0212.jpg

建て方が終了した次の日の天気は
なんと雪でした。約20センチ積もりました。

DSC_0202.jpg

快晴のもと、建て方工事が進みます。

DSC_0181.jpg

 

基礎工事が終わり材料搬入

P1030283.jpg土台伏せ工事です
お施主さんも監督として見守ってくれています。P1030290.jpg

土台伏せ工事完了です。
土台は檜の120角を使用 基礎の幅は150mmです。P1030291.jpg

木造住宅に関する事はお気軽にお問い合わせ下さい
TEL FAX 0573-82-3751