半田市建築現場12 通気工法

| コメント(3) | トラックバック(0)
この建築現場は中津川市の設計事務所さんが工務店に依頼した仕事を応援という形で行っている工事です。
設計事務所さんから許可をいただきブログに書かせて頂いています。

軒裏に通気用の換気口を取り付けました。
IMG_0121.jpg
図面で確認すると青い丸で囲んだ部分です。
屋根下地が2重で組んであり通気が出来る様になっています。
矢印のように空気が通う仕組みになっています。
P3150244.jpg
軒先から流れてきた空気は棟近くに設置された穴を通り
妻に設置された強制換気で外部に排出される仕組みです。
空気が流れることで屋根から伝わる熱を遮ることができます。
考えられた施工法だと思います。
P3150245.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kitaharakenchiku.com/mt/mt-tb.cgi/136

コメント(3)

北原建設さん

おはようございます!

>空気が流れることで屋根から伝わる熱を遮ることができます。

これ、室内の空気を外に逃がすのかと思ったら屋根を冷やす効果があるのですね?

きっと熱い夏には抜群の効果があるんでしょうね(^^)

さすがにプロの仕事ですね
ち密さを感じます

おはようございます。

流石の表現!!
設計図がしっかり書かれていると施工も楽ですね。
そういう建築が好きです♪

コメントする

ホームページへ

最近のコメント

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • blogimage