2019年11月アーカイブ

中津川市下野地区で新たな仕事を頂き施工させて頂くことになりました。
じつは17年前にもお世話になった方で今回もお声掛けを頂きました。
本当に有難いことです。
191130水道.jpg                 このスペースにDKや水廻りを造っていきます
東側に向けて神棚を設置しました
太陽が出る方角に向けての設置になります
賑わいのあるダイニングルームに設置することで常に見守っていただくという願いもあります
191129.jpg
今までは冷蔵庫の上に置かれていた神棚を専用の板を設置して場所を確保します。
基本的には神棚は東か南向きが良いとされて人が常にいる場所が良いと言われています
ですので今回はダイニングに設置します
191128kamitana.jpg
随分と間が空いてしまったのですが外壁塗装の現場で仮設足場を撤去しています
本来の姿に戻っていく過程は楽しみでした。
あとすこしで全体が完成します
191127外壁塗装.jpg
妻部分が真壁の漆喰で施工してありましたが
雨で洗われてしまい土が落ちてしまう状態でした
鋼板で施工して雨漏り補修をしました
191126外壁.jpg
張替が完成しました。
家具などの重量物等が動かせないとのことでしたので
職人さんと2人で動かしながら作業しました。
191125.jpgキレイになったと喜んでいただきました
テーブルの下に堀コタツがありました
そのまま使えるようにフタを新たに作成して収めています。
191124.jpg
フタは2分割にして開閉しやすくしています 
18帖の広さのダイニングキッチン。
床のリフォームを悩んで見えたところにタイミングよく出会いがあって施工させていただくことになりました。
191123.jpg
犬を飼って見えて耐久性のあるものを考えてみえたので
それに対応できる床材を提案させて頂き施工に入ります。

狭い場所にも何とか手が届き施工が完了しました。
191122屋根1.jpg191122屋根.jpg
これで安心して車を止めることが出来ます
釘やビスの施工ではないので下穴をあけてポリカフックと呼ばれる専用部材で留めています
191121屋根.jpg重なりがある所は厚みが出て施工が難しくなりますが
慎重に作業を進めています
古くなっていて壊れていた屋根を撤去しました

191120屋根.jpg劣化も激しかったためバラバラに壊れてしまいました。
191120屋根①.jpg次は新しい屋根を施工していきます
先の台風19号の影響で屋根が飛ばされてしましました。
地元でもこのような被害が数か所あり何件かお世話させていただいています。
191119-yane.jpg
まずは撤去作業から開始です
剥がれ落ちてしまっていた状態ですが
現行の下地を利用して上手く貼ることが出来ました。
桧の無垢材の羽目板がタイルの外壁とうまくマッチするのかが不安でしたが
キレイに収まって一安心です
191117.jpg

軒天換気口を取り付けました

カネシン社製軒裏換気Sタイプを採用して取り付けました。
191116軒裏換気.jpg
全体を覆い隠すようにしてポリカ波板施工しました。
ポリカ波板は傘付きのビスを使用して強固に工程。
母屋は90*45のヒノキ材を使用しています。
191119.jpg
これで雨漏りの心配がなく使えるようになりました

屋根の仕上げ材は波板のポリカーボネート。
耐久力もあり施工もしやすいです
191116.jpg傘釘はビスタイプの物をつかって強固に固定しています
 物置小屋屋根改修工事
屋根材を施工するための木材を取り付けています
鉄*木ですので金物を使っています。
この金物は構造用金物で柱と土台を連結するための物を使用。
191114.jpg
両方から固定して強度を保つようにしています。
191115.jpg

かなりの量の落葉がありましたので撤去する事から始めました。
一度塗装して保護してありましたが殆ど剥離してしまっています。
この上に新たに下地を組んで屋根を施工します。
191113.jpg
林の中に建っているスチール製物置小屋。
落葉が多く樋にも詰まってしまっていて機能していない状態。
191112.jpg
雨漏りもしていたので思い切ってカバー工法で施工します
針葉樹合板の上に桧の羽目板を施工しました。
191111軒天.jpg
L字になっていて出の寸法が異なっていたので
端と壁元の線を結んだ角度でつないでいます。
191111.jpg
後は換気口をつけて完成です

軒天の傷んでいた個所を撤去して新たな下地を
針葉樹合板で施工しました。
こうしておけば何処へでも釘接着剤の施工が出来ます。
191110軒天.jpg換気口の穴加工も忘れずにしておきます。
玄関へのアプローチの途中にある出窓の軒天
経年劣化で表面がはがれてしまっています。
191109.jpg191110.jpg
今回は無垢の板を使って補修します。

短時間の工事で済ませる事が出来ました。
便器の交換、腰板をパネル施工までして約3時間の工事でした。
191108トイレ.jpg 腰板をなくしたことで明るくなりました
便器を撤去しました。
本来なら便器交換工事だけでしたが
腰板の汚れシミがひどかったので、その上から化粧パネルを施工しています
191107トイレ.jpgINAXからTOTOへの交換でしたので
配管の長さを調整しなおす必要があります
 便器を取り付けて18年。
漏水があって修理を依頼すると部品が無くなってしまっていて
便器を取り換えるのと腰板の汚れがひどいので
パネルを施工することにしました。
191106.jpg
2012年11月28日から始めたブログ。
先ずはできるだけ続けて行けたら良いなと思って軽い気持ちだったを覚えています。
いろいろなこと書いてきてアッと言う間に7年目に突入します
191105.jpg
相変わらず乱文で上手く伝えられているかはわからないですが
自分のしている仕事に誇りをもって発信を続けていきたいと思います。
これからもよろしくお願いします。
無事に完成して引き渡すことが出来ました。
水廻りの工事中は不便をかけることが多いので
出来るだけ工期に無駄のない仕事を心がけています
191104.jpg
電気屋さん、水道屋さん、クロス屋さんと色々な職人さんの協力があって
初めて形ができると改めて実感しました。
キッチンを取り付けました。
豪華な装備品を備えた仕様になっています
オーブンコンロ、タッチレス水栓、井戸水水栓など盛り沢山です。
191103.jpg窓の関係もあって吊り戸設置は見送りましたが
フロアコンテナなどで収納力は大きくなっています
壁際に収納カウンターを設置しました。
配置は事前に打ち合わせをしていたのでコンセントはもちろん
ガスの配管もしっかりと場所に治めています。
191102.jpg
床材の仕上げはクッションフロアを貼りました。
木目調なので一見はフローリングに見えます。
191101.jpgクッションフロアでも選択肢は沢山あるので
これからは積極的に採用していきたいと思います。
ホームページへ

最近のコメント

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • blogimage