2021年1月アーカイブ


床の捨て貼り施工が終わり断熱材を入れています
隙間の無いように施工が絶対条件です
210201.jpg
これで中で仕事をしていれば寒さが和らぎます
床張り工事をしています
土間の上に配管スペースのための空間を作って断熱材を入れています
210130.jpg
ネタ工法では無く剛床施工をしています
窓の開口を開けました。
外壁はALCですので切り込むのが大変でしたが丸ノコで上手く切れました。
210129.jpg
シャッターを撤去です
天井よりも低い箇所に来てしまうので撤去する事にしました。
210128.jpgセバーソーの鉄切を使って撤去です
今度は1階部分をリフォームします
先ずは天井下地施工から
210127.jpg
電気配線も同時に進めています
玄関を新たな場所に取付をしました。
今までよりも大きさは広くして開放感を持たせてあります
210126.jpg
玄関の中側です
玄関にはガラスが無いので横に明かり採りの窓を付けました。
210125.jpg少し狭いのでここから工夫が必要になってきます
玄関を取り換えします
撤去して新しい物を付けるので先ずは解体作業から始めます
210124.jpg
軒天から撤去しています
壁紙施工をしています
画像では分からないですが天井は蓄光タイプの物を採用しています
壁紙は白ではなく少し色の入った物を使いました。
210123.jpg
間仕切り壁の下地を造っています
下地材は国産ヒノキ材を使用しています
210122.jpg現場での加工が多くなるのですが
丁寧な作業で進めています
階段の踏み板幅を広くして蹴込の角度を付けました。
そして途中で踊り場を付けて急こう配な階段のイメージを変える事にしました。
210121.jpg少しでも昇りやすさが解消されました。
急勾配な階段を直したいのですが鉄骨下地で撤去も困難な状況。
何か良い方法が無いかと考え抜いてある方法をひらめきました。
210120.jpg
その方法を次回のブログで紹介したいと思います。
内装工事が着々と進んでいます。
既設部分との取合を合わせながらの施工です
210119.jpg窓も全て入れ替えをします
天井施工をして窓を取付しました。
窓は断熱仕様のサーモスLを使っています
210116.jpg大きな窓ですのでより断熱性能が高いものが求められます
天井下地を組んでいます
下地を組んでからGWの断熱材を入れています。
210117.jpg
屋根との距離が近いのでしっかりと入れています
フローリング施工をしています
リクシル社のラシッサDを採用しています
210118.jpg
施工もしやすく表面も強固なので持ちも良いと感じます
窓の位置も変わったので補修作業をしています
外壁材はALCを施工してあるので野地下地を打ちモルタル仕上げで吹き付け塗装で仕上げます
210115.jpg
床の1重目を施工です
12㎜の針葉樹合板を貼っています
210114-床.jpg
この上に仕上げのフローリングを施工です
床下に断熱材を入れています
ネタ間の断熱材ですので専用のGWを施工しました。
210113.jpg隙間なく入れる事が条件ですのでしっかりと入れていきます。
 床施工の為に下地から開始しています
床の高さを既設の床の高さを合わせるために低いパッキンを使っています
210112.jpgネタ工法で進めていきます
まだまだ解体作業中です
畳を撤去して天井を落として壁をめくる。
片付けをしながら分別して運搬して効率よく進むように考えながら作業しています
210111.jpg
先ずは解体工事からスタートです
解体工事は業者さんと一緒に協力しながら進めていきます
210110.jpg
全解体では無いので後の仕事がやりやすいように壊していきます
恵那市大井町でのリフォーム工事をさせていただきます
使い勝手を良くするたまに色々な案を出させて貰い方向性が決まりました
210109.jpg洋室と立派な和室ですが解体工事から進めていきます
210109解体前.jpg
注文枚数をすべて使い切って施工しました
厚みが既設の物と違っていたので裏にパッキンをして段差を解消しました。
210108.jpg新しくなって掃除もしやすくなりました。
年末の作業の様子です。
老人施設のスペースのフロアカーペットを撤去してフロアタイルを施工しています。
施設の従業員の方々と協力して一緒に作業しました。
210107.jpg
自分は切り役専門で頑張っています
少しでも雨を凌げるスペースが欲しかったので簡易的ですが庇を取付しました。
後付けの壁の上から付ける庇なので下地への固定になります。、
210106.jpg出が900あるので雨の日も安心して外に出ることが出来ます
倉庫の入り口の開口が何も無い状態でしたので
シャッターと入口を取付しました。
210105.jpg
今までは何も無く用心も悪かったのでこれで安心して使うことが出来ます
このような世相な世の中なので発熱患者さんが別スペースでの待合スペースを造りました。
色々な考えを活かして高さ、広さも大切にして造っています。
210104.jpg
ホームページへ

最近のコメント

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • blogimage